信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
HOME > 長野旅ログ > 飯綱高原 大座法師池上空をジップラインで渡る!
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

飯綱高原 大座法師池上空をジップラインで渡る!

この夏、長野市飯綱高原にオープンしたフォレストアドベンチャー長野。フォレストアドベンチャーは長野県内では松川町にありましたが、今夏、この長野と蓼科にも新たにオープンしました。

フォレストアドベンチャー長野の注目は、何といっても飯綱高原のランドマーク「大座法師池(だいざほうしいけ)」上空を滑空する150m越えのジップライン!しかも4本もあります!大座法師池といえば、ボートが定番。まさかこの池の上をジップラインで飛べるなんて!いてもたってもいられず、早速行ってきました。

当日は梅雨があけたにもかかわらず、まさかの小雨交じりの曇り空。
ちょっと残念な気持ちで向かいましたが、そこに待っていたのは霧?モヤ?に包まれた幻想的な光景でした!

受付を済ますと、講習です。
アクティビティの安全な楽しみ方をしっかりと教わります。
今回のインストラクターのマナミさんです。

講習を終えると、早速フォレストアドベンチャースタートです。
ここに設置されているのは「アドベンチャーコース」で、割と難易度が高めのコースだそうです。
大座法師池の両岸にそれぞれ2つずつの4コースで構成されていて、それぞれのコースを池の上のジップラインで行き来することになります。

一度スタートすると、10〜15mも上空の木の上に作られた様々なアクティビティを楽しみながらコースを進みます。

最初は簡単なようで、進むにつれて、だんだんと難易度が上がってきます。

木と木の間を渡るジップラインもあります。

そしてついに迎えた大座法師池を渡るジップライン。
まだまだ霞がかっていて対岸がはっきりとは見えない空へ向かってGO!

瞬く間にモヤの中に吸い込まれていってしまいました。

第2コースに進んでも様々なアクティビティで森の中を進みます。
だんだんと慣れてきましたが、油断は禁物!
実際はかなりの高さがあります。

第3コースの注目は、スリル満天の「ターザンスイング」。
ここは今までとは少し勝手が違うので、詳しい説明がありました。

スタート地点からジャンプした瞬間、一気に落下したのもつかの間、ターザンロープに揺られるがままネットに突き刺さります!

大げさではなく、本当に突き刺さります!

この頃になるとモヤも晴れだし、いよいよ最後、4回目の大座法師池ジップラインです。

動画もどうぞ!

360°VRでもどうぞ!実際に滑った気分を味わってください。
PCの方はグリグリ、スマホの方はグルグルしてくださいね!

ゆっくり回って、たっぷり2時間弱のアクティビティです。
今回は残念ながら曇り空でしたが、その分、幻想的な雰囲気に包まれた森の中の大冒険を楽しむことができました。
晴れていれば、飯縄山の絶景を望みながら、キラめく大座法師池の上をジップラインで渡るという、とても素敵な体験ができそうです。

フォレストアドベンチャーは、身長140cm以上、あるいは小学4年生以上と、小さなお子様は体験できないアクティビティですが、隣には無料で楽しめるフィールドアスレチック「小天狗の森」もあるので、この夏はぜひフォレストアドベンチャー長野、そして飯綱高原へお出かけください♪


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る