信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
HOME > 長野旅ログ > 塩尻・奈良井宿で江戸時代にタイムトリップ
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

塩尻・奈良井宿で江戸時代にタイムトリップ

かねてから気になっていた、塩尻市にある奈良井宿に行ってきました。

まるで江戸時代にタイムトリップしたかのような情緒たっぷりの宿場町を歩いてみました。最近では、トヨタ「クラウン」のCMロケ地としてちょっと話題になっていましたよね。

当時は、奈良井千軒といわれたほど賑わったそうです。

千鳥格子や旅籠に風情を感じます。奈良井駅もステキ!

奈良井川にかかる「木曽の大橋」。
木曽ヒノキを使って作られたアーチ橋は美しい曲線を描いています。
橋脚がないんですよ~、おどろき!実際に渡れるのでぜひ歩いてみて!

さて、奈良井宿を満喫した後は、今回のもうひとつのお目当て、木曾くらしの工芸館でやっている「木曽堆朱(ついしゅ)の研ぎ出し体験」に行ってきました!
伝統的な漆塗りの技法のひとつである「木曽堆朱」の柄を出す体験です。
急須敷(1,500円)の研ぎ出しにチャレンジ!
今回、担当してくれた百瀬さん。

素地に職人さんが幾重にも漆を塗った急須敷を紙のヤスリで研いでいきます。
14番から15番の過程を体験!

最初はこんな感じ。

それを目の細かい紙ヤスリで研いでゆきます。
急須をのせる部分を研いだら、ふちも研ぎます。

柄は削りすぎてしまうと、黒い部分がなくなり味わいがなくなります。
自分の好みでここらへんがいいかなと思ったら仕上がりです!
職人さんが最後の仕上げをしてくれて、後日、郵送で届けてくれます。この写真から、まだまだ研ぎましたよ!楽しみ~♪

木曽の堆朱は、海外ではペイズリー柄に似ていることから人気なのだとか…。
言われてみれば!

木曾くらしの工芸館では、さまざまな漆塗りのアイテムを購入できます。
わぁ、ステキ!

木曾くらしの工芸館を見学したあとは、同じ敷地内にある「ならかわ市場」へ。
さるなしのアイテムがたくさん!さっそくさるなしキャラメルを購入、おいしい!

後日、世界にひとつだけの急須敷が届きました♪


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る