HOME > 長野旅ログ > 日本最長!全長652m、最大時速約70km/hのジップスカイライドで絶叫、鳥体験!!
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

日本最長!全長652m、最大時速約70km/hのジップスカイライドで絶叫、鳥体験!!

今年7月にオープンしたばかりの「野沢温泉スポーツ公園」で新アクティビティ、「ジップ・スカイライド」に挑戦してきました。

フランス製で野沢温泉村に日本初上陸したジップ・スカイライド。
日本最長652mのワイヤーケーブルを最大時速約70km/hで一気に滑り降りていきます!その標高差はなんと122m(ビルで言うと、およそ30階建て)!!

高所恐怖症の私は聞いただけで足がすくみますが、「日本初上陸」「日本最長」という言葉に、少しだけ恐怖心より好奇心が勝りました。貴重な体験になることは間違いなさそうです!
ということで、野沢温泉スキー場 日影ゲレンデにある「野沢温泉スポーツ公園」に到着!

まずはインフォーメーションセンターで受付・支払を済ませ、係員さんの指示に従って専用のハーネスを装着します。(※料金は、1回おとな:2,000円/こども:1,200円。2回目以降は、おとな:1,600円/こども:1,000円です)

ハーネスはとても簡単に装着できるため、かえって不安でいっぱいな筆者。「こんなに簡単に付けられるなんて、外れるのも簡単なんじゃ…」(実際は全くそんなことはありません)

こちらが滑降時のモデル。後ろの赤いマントはパラシュートになるそうです。

準備ができたら、リフトでゲレンデ最上部へ。

ちなみに、ここ野沢温泉スポーツ公園では、夏でも本物の雪の上に近い感覚でスキー・スノーボードが楽しめる「サマーゲレンデ」も展開。優雅に滑り降りるスキーヤーを横目にリフトでどんどん上へと登っていきます。

こちらが、ゲレンデ最上部の景色。

「随分上まで来たな~」と思ったのですが、まだまだ、これだけでは済まされません。

リフトから降りた先には看板が。

「ん?スタートタワー?!」と見上げてみるとそこには…

高さ4、5階建てのビルくらいあろうかという専用スタート台がそびえ立っていました。

「えぇ~!ここ登るの~!」

当然足元はスケスケ。一歩進めるたびに恐怖心が強まります。このスタート台を登るだけでも十分アクティビティという気が…。

やっとの思いでタワーの最上階へ。発射台そばからの景色がこちら!

まさに「清水の舞台から飛び降りる」とはこのことでしょう…。
ちなみに…清水の舞台の高さは約12m。これから飛び降りるジップ・スカイライドは標高差122mなので、清水の舞台10個分にあたります!

スキー場のてっぺんということもあり、悲しいくらい視界は超良好!着地点は、目を凝らしても見えるか見えないかくらい遠くにあります。これが日本最長の実力なのか…。

恐怖と緊張で全身の血の気が引き、ワナワナと震える筆者とは正反対に今日の天気のように明るく爽やかな笑顔の係員さんの説明を受け、いよいよ、スタート準備に。

下の着地点へと延々続くワイヤーケーブル(「ほ、細い…」)に専用の滑車が取り付けられ、滑車に装着していたハーネスが取り付けられ・・・。

ここまで来たら、もう逃げも隠れもできません。
ギュッと目をつぶって深呼吸し、『その時』を待ちます。

あとは、係員さんがスタートのひもを引けば、強制的に発射台から突き落とされます。

係員さん:「心の準備はよろしいですか?」

私:「…もう、ひと思いにやっちゃってください…!」

係員さん:「(苦笑)じゃぁ、行きますね。」

私:「お願いします!」

係員さん:「3・・・2・・・1・・・GO-!」

「ひぇぇぇ~~~」

「ひぇぇぇ~~~」

「ひぇぇぇ~~~」

ゲレンデ上空を一気に滑り降りていきます!

しかし、ひとたび飛び降りてしまえば、怖さは・・・そんなにかも・・・・?

さすがに飛んでいる最中に写真は撮れなかったのですが、背中についているパラシュートのおかげで体感速度はそこまで速くなく、途中から、足元でサマースキーを楽しんでいる人たちや、眼下に広がる大パノラマを眺める余裕が出てきました。

勇気を出して、両手両足を広げてみると、開放感MAX。
まさに鳥になって空を飛んでいる気分。これは、日常生活では絶対に味わえない景色と感覚です。

野沢温泉スポーツ公園のホームページでは実際にジップ・スカイライドで滑降する様子が見られる動画もアップされていますので、こちらもチェックしてみてください。

そして無事にゴール!

ふぅぅ~。
鳥になって大空を飛んだ爽快感とやっと地上にたどり着いた達成感で胸がいっぱいに。なんだか人間として一皮むけた気分です。

足元がふらついたまま、なんとかインフォメーションセンターに戻り、ハーネスを返却してジップ・スカイライド体験は終了です。

今年一番、思い出に残る瞬間になりました!!

ちなみに、ジップ・スカイライドにはお子さまからお年寄りまで老若男女問わずにさまざまなお客様がいらっしゃるそう。(※利用条件:体重25kg以上、110kg以下)

近くには、小さなお子様が遊べる遊具がたくさんの「ナスキーパーク」もあるので家族みんなで楽しめること間違いなしです!(※入場料 おとな・こども 500円)

スキー場というと「冬」のイメージが強いですが、グリーンシーズンには、グリーンシーズンならではの楽しみ方・遊び方あるのですね!

ジップ・スカイライドは11月12日(木)まで営業しているようですよ!
スリルを味わいたい方、日頃のストレスを発散したい方、とびきりの思い出を残したい方、ぜひ、体験してみてはいかがでしょうか。


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る