HOME > 長野旅ログ > 自家菜園で採れた野菜&地元食材をフレンチで「レストランびざび」
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

自家菜園で採れた野菜&地元食材をフレンチで「レストランびざび」

「信州やまごはん」で紹介されていた、南箕輪村にある『レストラン びざび』に行ってきました!
もちろんお目当ては、ネットで紹介されていたきれいな彩りのオードブルの盛り合わせが食べられるコースです。

予約をしていくとテーブルには名前入りのカードが。この日は日曜日でしたが満席だったので、予約していって正解。店内には心地良いジャズが流れています。

さっそく『びざびコース』(3,600円)を注文。
始めに運ばれてきたのは、ローズマリーがほのかに香る自家製のフォカッチャ。そして小前菜の「お店の畑で採れたミニトマトのコンポート」。ミニトマトがこんなにオシャレに!!ひんやり、さっぱりで美味~。

いよいよお待ちかねのオードブルの盛り合わせ。まあ、なんてゴージャス!彩り、素材の豊富さ、バランスの良さともに◎。どれから食べようか迷ってしまいます…。
クスクスのサラダの上にのったキハダマグロのカルパッチョ、イタリア産生ハムのサラダさつまいものマリネ添え、シーフードのマリネ、自家製信州産豚肉のテリーヌ、信州サーモンのマリネ、キッシュの6種類!

次は温前菜「天使のエビとズッキーニのソテー」が運ばれてきました。ズッキーニにくるくると巻かれたエビをパプリカとオレンジのソースでいただきます。素材とソースのハーモニーが絶妙!

「とうもろこしの冷たいスープ」。ひと口ほおばれば、口の中はあま~いとうもろこしワールド全開。パンのおかわりはいちじくの入ったパン♪

メインは「信州産・豚肩ロース肉のロースト、ブルゴーニュ風 パセリとにんにく風味のバターソースをそえて」。とにかく豚肩ロースがやわらかく、ナイフを少し入れただけで、ふわりとほどけていきます。香り高いソースとの相性もばっちり。

最後にデザートが登場。「黒豆の入ったクレームブリュレ」。抹茶のアイスクリームとぶどう、栗の渋皮煮がトッピングされたぜいたくな一品。レッドベリーズのハーブティーと一緒に味わいました。う~ん、シアワセ!


【レストランびざび】
〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-615
TEL 0265-78-1220

◎営業時間:11時30分~14時30分、18時~22時
◎アクセス:JR伊那北駅より車で10分、中央道伊那ICより車で5分

自家菜園で採れた野菜、信州サーモン、長野県産豚肉など地元食材と、自家製のパンやデザートを組み合わせたフレンチ・コースをお楽しみください。

信州山ごはん&地酒「レストランびざび」ページはこちら


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る