HOME > 長野旅ログ > 初秋の上田城と、北国街道の宿場・柳町をぶら~り散策♪
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

初秋の上田城と、北国街道の宿場・柳町をぶら~り散策♪

昨年、大河ドラマ『真田丸』のブームでおおいに賑わった上田城と、城下町の面影が残る上田市中心部。地元に住む私も、放送をきっかけに上田の魅力を再発見できた一人です。

真田幸村の父・昌幸が築き、その後時代の荒波を乗り越えて保存・復元された上田城跡公園。現在は上田観光の拠点として、また四季折々の風景が美しい憩いの場として、全国から多くの人が訪れています。
また、上田城下で北国街道の宿場町として栄えた「柳町」の界隈には、歴史あり、地産地消のワイン・地酒やグルメあり、新たな町おこしのムーブメントあり…戦国の世をしたたかに生き抜いた真田一族の気風を感じさせるような、個性あふれるお店がいっぱい。

今回は、秋の気配が漂う上田城と、その城下町界隈をじっくり散策してみました。

まずは、上田城跡公園で今年11月30日(木)まで開催中の特別企画展『400年の時を経て甦る上田城』を見学します。
真田一族の勃興から、幸村が討ち死にする大坂の陣までの歴史を展示でたどるほか、最新技術によって”400年前の上田城”を体感できるそう。
上田城と真田氏のことを知るにはうってつけの場所です。

展示室の入り口には、真田幸隆(幸村の祖父)・昌幸(幸村の父)・信繁(幸村)の復元甲冑がドーンと並びます。どれもデザインが凝っていて、美的センスやこだわりが感じられますね。
ちなみにこの企画展、撮影OKの展示もたくさんあります。甲冑とのセルフィーは、SNS映え間違いなし!

展示は年表や絵図、書状などをもとに、戦国時代の真田昌幸・幸村親子と上田の様子をわかりやすく解説しています。

大坂の陣で使用されたとみられる鉄砲と、弾丸による穴が空いた鎧。戦のリアリティーあふれる資料です…(怖)。

本展の目玉がコレ! 最新技術VR(バーチャル・リアリティー)によって、400年前の上田城を再現した映像が見られるシアターです。

臨場感たっぷりの映像。鳥になって400年前の上田上空を飛び回るような感覚が体験できます。

真田昌幸が築いた上田城は、関ヶ原の合戦後に徳川家康の命令で徹底的に壊されてしまいましたが、その後上田を治めた仙石氏によって再建されました。
映像の崖下の場所は、現在では芝生の公園になっています。VR画像と、今の上田城の姿を見比べてみるのもおすすめですよ。

あっ! この毛皮の羽織、どこかで…!
そうです、大河ドラマ『真田丸』で、真田昌幸役の草刈正雄さんが着用していた衣装を、特別に展示しています。帯までモフモフの毛皮だったんですね~。

こちらは大河ドラマ仕様の真田信繁甲冑。もちろん十文字槍も一緒に展示されています。

真田氏や上田城の関連グッズ、お土産品も充実しています。

展示会場を出ると、演舞パフォーマンスや城内の案内をしてくれる「信州上田おもてなし武将隊」の方々に遭遇!
真田幸村さん(右)と筧十蔵さんがポーズをとってくれました♪

上田城二の丸橋から、てくてく歩くこと約10分。しっくいの壁に瓦屋根の家が立ち並ぶ、柳町通りに到着です。
ここは昔、江戸と北陸地方を結んだ「北国街道」の宿場町だったところ。江戸末期から明治にかけての建物が軒を連ねています。
この通りには、創業350年を超える老舗酒蔵や天然酵母パンの名店、レストラン、クラフトショップなど、多彩なお店が並んでいます。いずれも古い建物を保存し、その味わいを生かしたお店ばかり。ショッピングや食事はもちろん、往時の城下町の賑わいをイメージしながら歩くのもおすすめです。

通りの入り口近くに、レトロな雑貨やアンティーク着物が並ぶお店を発見。

つまみ細工や水引のアクセサリーは、着物に限らず洋服にも合うそう。

県産の米と地元の水を使って、女性の杜氏さんが酒造りを行う酒蔵。取材時は、秋限定のお酒「ひやおろし(数量限定)」が並んでいました。

土蔵の建物を活かしたパン屋さん。

地元のフリーペーパーを発行する会社のアンテナショップ。上田特産のりんごを使ったスイーツなどが味わえます。

柳の並木に沿って、お蕎麦屋さんや味噌屋さんが並んでいます。柳町通りでは、こうした建物を維持するため、住民の方がとても努力されているようです。

上田市の隣、東御市でワインを生産している「はすみふぁーむ&ワイナリー」の直営ショップで、ランチタイム。
こちらのお店では、地元の農産物をたっぷり使ったワンプレートランチを提供しています。
この日は、信州太郎ポークのバスク風煮込みや、そうめんかぼちゃとアンチョビのマリネ、ズッキーニとキノコのキッシュなど、野菜たっぷり10種類の料理が登場。イタリアンやフレンチの修行を積んだシェフが作るメニューは、どれもワインと相性抜群です。
ふわふわ焼きたての自家製ミルクパン、バターナッツ(かぼちゃの一種)のポタージュなど、食べ応えも十分。
ワインの原料にもなるナイアガラのジュースも、爽やかな味わいでした。

もちろんワインやシードル、ジュースの販売も行っています。テイスティング(有料)もOK。
作り手の思いが直接伝わるワイナリーショップなら、お気に入りの一本が見つかりそうですね。

秋の休日を過ごすのにぴったりの、上田の城下町。あなたもてくてく、のんびり、上田の町を歩いてみませんか。


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る