信州を旅するブログ「長野旅ログ」

軽井沢の沢屋で名店の味を手作り! 新鮮な旬の果物でジャム作りを体験しました♪

緑深い軽井沢の森のなかに、半世紀を超えて愛されるジャムの専門店・沢屋の「ジャムファクトリー」があります。ここは同社の製品を一手に製造するだけでなく、訪れる人がジャム作りや製造現場の見学をできる体験型施設。
すべて国産・旬の新鮮な果物を使い、甘さ控えめで果物本来の色や香りを生かした沢屋のジャムは、軽井沢グルメの大定番。観光や避暑に訪れる人はもちろん、地元でも人気の商品です。ジャム作り体験では、同社で販売しているのと同じ材料・レシピを使ってジャムを作るのだそう。おいしさの企業秘密がわかっちゃうかも!?と、ワクワクしながらジャムファクトリーを訪ねました。

沢屋ジャムファクトリーは、JR軽井沢駅から車で約20分。当日はあいにくの雨模様でしたが、霧に煙る森のなかの工場というのも、軽井沢らしくてステキです。

ジャム作り体験は厳重な衛生管理がされている製造ラインの中にある部屋で行います。まずは専用のエプロンやキャップを装着。このあと念入りに手洗いをして、体についたホコリを吹き飛ばすエアシャワーを通過。工場見学気分が盛り上がりますね。

ジャム作りを教えてくれる、同社スタッフの掛川さん。テーブルには今日の材料や道具が並んでいます。

今日のジャムの材料は、今年初めて入荷したというブルーベリー。軽井沢の隣、佐久市産の、生で食べてもおいしい大粒の実を使います。

沢屋の製品は、100%長野県産または国産の果実・野菜を使って作られています。一年間に50種以上のジャムや野菜惣菜を作るそうですが、材料はすべて生の状態から加工するため、旬の季節にしか製造できません。
取材した6月下旬から7月は、木いちごやさくらんぼ、トマト、桑の実、梅、あんず、すぐりなど、10種類以上がラッシュアワーのようにファクトリーに届くそう。仕入れた果物は、洗浄や傷んだものの選別、ヘタ・種・皮の除去、大きい果物のカットなど、文字どおりひと粒ひと粒手作業で下準備を行います。工場見学の時も、さくらんぼの種をひとつずつ手で取る作業をしている様子が…!

「入荷量にもよりますが、製造ラインでは一度に100kgくらいの果物を加工します。下準備だけでなく瓶詰めも手作業が必要な商品が多いので、この季節は果物に追われるようにジャム作りをしていますね」と掛川さんは笑います。いやはや、すごいのひと言です。

お鍋に移したブルーベリーにグラニュー糖を加えます。
「沢屋のジャムの材料は、果物とグラニュー糖だけです。添加物はいっさい使わないので、果物本来の味や色、香りを楽しんでいただけます」と掛川さん。
まさにシンプル イズ ベスト。選び抜いた素材とていねいな加工が、沢屋のジャムの美味しさの秘密だったんですね。

お鍋を中火にかけて、焦げないように優しく混ぜながら加熱します。

だんだんブルーベリーの果汁が出てきて、甘酸っぱい香りが立ちのぼります。この時点で十分おいしそう…

ブクブクと大きく泡立つようになったら、アクをすくいながら煮詰めます。

とろみが出てきたら火を止めて、熱いうちにビン詰め。ブルーベリーの粒がゴロゴロと残っているのが、沢屋のジャムの特長です。
この段階ではジュース状ですが、ブルーベリーに含まれるペクチンの作用で、冷めると半固形状になるのだそう。この後ビンごと加熱殺菌の工程に回されます。

加熱処理している間に、余ったできたてジャムの味見タイムです♪ 用意されたパンにたっぷりつけて、熱々をパクリ。鮮やかな香りと酸味、優しい甘さが口の中に広がります。これはおいしすぎる…!

味見の後は工場の中を見学します。製造ラインは企業秘密とのことなので、興味のある方はぜひ現地で体験を。

見学の後は、いろいろなジャムの試食タイム。ルバーブやリンゴ、オレンジのママレードといった定番のほかに、リンゴバターや黒豆クリームなどユニークな商品も。気に入ったものはその場で購入できます。

加熱処理が済んだビンに、オリジナルラベルを貼ってもらいます。

ラベルには好きな文字と体験した日の日付が入ります。世界でひとつのマイジャムが完成!

「体験される季節によって果物が変わりますから、ぜひいろいろな味のジャム作りを楽しみにお越しください」と掛川さん。
お土産もいただき、大満足の体験になりました。


沢屋でのジャム作り体験は、ジャムファクトリーでの工場見学付きコースと、沢屋バイパス店での食事付きコースがあります。どちらも2名から受付。前日のお昼までに予約が必要です。詳しくはasoview!「軽井沢 沢屋」のページをご覧ください。

【ジャム作り体験+工場見学コース】
料金:1名様¥2,800(2名から受付)
時間:10:00~/14:00~
開催場所:ジャムファクトリー
〒389-0113 長野県北佐久郡軽井沢町発地2785番地108
定休日:日曜・年末年始ほか

【ジャム作り体験+モーニング(ブランチ)コース】
料金:1名様¥3,600 時間:ジャム作り体験 9:00~10:00、モーニング(ブランチ)10:00~
開催場所:カフェこどうテラス(沢屋バイパス店敷地内)
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉塩沢702
定休日:日曜・火曜・冬期

【ジャム作り体験+ランチコース】
料金:1名様¥4,500(小学生¥3,900)
時間:ジャム作り体験 11:00~12:00、ランチ12:00~
開催場所:カフェこどうテラス・レストランこどう(沢屋バイパス店敷地内)
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉塩沢702
定休日:日曜・火曜・冬期

【ジャム作り体験+アフタヌーンティーコース】
料金:1名様¥3,600
時間:ジャム作り体験 14:00~15:00、アフタヌーンティー 15:00~
開催場所:カフェこどうテラス(沢屋バイパス店敷地内)
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉塩沢702
定休日:日曜・火曜・冬期


【株式会社沢屋】
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字塩沢702
TEL:0267-46-2400
FAX:0267-46-2404
http://www.sawaya-jam.com

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る