HOME > 長野旅ログ > 美しい音色に癒やされて♪下諏訪・すわのねでオルゴール組立体験にチャレンジ
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

美しい音色に癒やされて♪下諏訪・すわのねでオルゴール組立体験にチャレンジ

かつて時計やカメラ、オルゴールなどの精密工業地帯として発展した諏訪地方は “東洋のスイス”として名を馳せ、現在もさまざまな製造業がさかんです。
そんな下諏訪町の諏訪大社下社・秋宮の目の前にあるのが「日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのね」です。

こちらは、オルゴールのショールームからショップ、カフェ、コンサートホールなどを備えた、オルゴールの世界にどっぷりと浸れるミュージアム。ここで匠の技を少しだけ体感できるオルゴール組立体験にチャレンジしてきました。

まず最初は楽曲選びから。壁には視聴できるオルゴールがずらり!!Jポップからクラシック、童謡など約700曲から自分の好きな曲を選べるそう。最近の話題曲もたくさん!これは悩んじゃいますね…。

「選曲に悩む方がとても多いですよ~。結構みなさん時間かかるので体験開始の30分前には入っていただいています」とスタッフさん。

私も10分ほどあれこれ試聴しながら何とか1曲をセレクト。そのままオルゴールのケースも選び、いざ体験へと向かいました。

明るく開放的なアトリエでは、オルゴールの鳴る仕組みを学びながら組立作業を体験できます。観光客の方はもちろん、地元の学校や関東からの修学旅行の学生さんたちも多いそうですよ。

まず最初に、実際のオルゴールの中身を見ながら、部品の名前と役割を教えてもらいます。…が、いきなり聞いても私にはちんぷんかんぷん。覚えられません!!
しかし、オルゴール作り25年以上というベテランスタッフさんの丁寧な説明を受けながら自分で組み立てていくうちに「こうやってオルゴールって鳴っているんだ~」と理解していきます。

ピンと呼ばれる突起がついているドラム(シリンダー)が、香箱の中に収納されたゼンマイと連結し、これがクルクルと回りながらくし歯(振動板)を弾いて音がなるというのがオルゴールの仕組み。

ドラムはもちろんですが、このくし歯も曲によってすべて異なっています。
「ドラムとくし歯、それぞれがセットになって初めてちゃんとした曲が演奏できるんですよ。もし組み合わせを間違えてしまうと全然違う曲に聞こえます。私たちはそれを”迷曲”なんて言ってますけどね(笑)」とスタッフさん。
実際に組み合わせ違いの”迷曲”を聞かせてもらえるんですが、確かにまったく別の曲…。 組み合わせって大事ですね(笑)。

さて、香箱とドラムをしっかりネジで固定した後は、巨大なオルゴール部品を見ながら、次の工程の説明へ。

ポイントはくし歯です。いかにドラムと平行に留められるか…。このくし歯の調整に、美しい音色を出せるかどうかがかかっています!!
ドラムと近すぎれば音がうるさくピンをはじく音まで聞こえてしまったり、かといって離れすぎても音が小さく、さらに平行じゃないと均一に聞こえません。

これをドラムが回るなかで上手に留めなくてはならないのが思いのほか難しいっ!! 「これで平行!」と思ってもドラムがずっとピンをはじいているので、しっかり押さえていないと歯がズレてしまうんですよ…。
何度も何度もやり直しながら(最後にはスタッフさんの力も借りながら)何とか完成しました~!!

「できれば毎日ネジを巻いて音色を楽しんでください。それがオルゴールを長持ちさせるコツですよ」とのこと。落としたり衝撃を与えるのもNGです。

自分で組み立てたオルゴールだから、長く楽しみたいと思います!!

約40分の組立体験をした後は、2階のコンサートホールへと移動して、現在上演中の「ローズの不思議な世界旅行」を鑑賞。
こちらは、オルゴールの生演奏と映像、そして女優さんによる芝居が融合したオルゴールエンターテインメントです!

1日4~5回上演していて、キャストも日替わり(または週替わり)です。ネタバレになってしまうので内容には触れませんが、さまざまなオルゴールの音色とちょっとロマンチックなストーリが楽しめますよ♪上演時間は約20分。

上演後にはキャストの女優さんと記念撮影もできます!ただ…女優さんが綺麗すぎて…正直隣に並ぶのがつらいっ(笑)。でも記念になるのでぜひ!

演目にあわせた特別オルゴールや人形もありました。

その後は続いて、オルゴールの歴史とアンティークオルゴールの音色を楽しめる「ヒストリーガイドツアー」に参加。

歴史的にも貴重なアンティークオルゴールの見学のほか、アメリカのアコーディオン自動演奏機の演奏、最後には手回しオルガンを自分で演奏することもできましたよ~(ヘタでしたが・・・・)。

館内にはカフェもあり、スイーツや軽食などもいただけます。カフェ利用だけのお客さんも多いとか。ゆっくり落ち着ける雰囲気が魅力ですね。
思う存分オルゴールに親しむことのできるミュージアムに、あなたも足を運んでみませんか。


【体験料金:ケース料金+入館料】
※ケースの種類により料金は異なります(ケース2,160円~)
毎正時スタート(10時~1日7回)、所要時間約40分 ※10名以上は要予約

【日本電産サンキョーオルゴール記念館 すわのね】
長野県諏訪郡下諏訪町5805
TEL:0266-26-7300
営業時間:9:00~17:30(3月~11月)
入館料:大人一人1,000円、子供(中学生以上)500円
http://www.nidec-sankyo.co.jp/museum/

asoview!「日本電産サンキョーオルゴール記念館 すわのね」ページはこちら

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る