信州を旅するブログ「長野旅ログ」

小谷アウトドアクラブ「白馬シャワークライミング」で新たな自分を発見!

小谷アウトドアクラブのアクティビティ「白馬シャワークライミング」に参加してきました。私は午後からの半日コースに参加しました。

シャワークライミングとは、渓谷を下流から上流に探検するものです。
天然シャワーからのマイナスイオンをたっぷり浴び、山の水の冷たさをじっくり感じながら登っていきます。

集合場所の小谷アウトドアクラブ事務所は「レストランボンネージュ」と書いてある建物です。スキー場内にあるのでわかりにくいですが、Googleマップで検索するとすぐにたどり着けちゃいます。度々、小さな看板が案内してくれました。

開始時刻まで待機場所でアクティビティの体験ビデオ映像を見ることができます。写真だけでは想像しきれないのでどのような難易度なのかを再確認できます。
このようなアクティビティは初めてだったので緊張しました。
まず初めに小谷村山案内人組合所属 信州登山案内人の清さんから、注意事項や体験の流れについて説明がありました。

早速、ウエットスーツ+ヘルメット+グローブ+ライフジャケット+専用シューズを着用し始めます。スタッフの方が一人一人の体格にあったサイズを選んでくれるので安心です。
女子更衣室に入って着替えます。貴重品のお預かりはスタッフの方にお願いすればできます。他の洋服や靴などはフロアーに置いておきます。
初めてのウエットスーツでしたが、丁寧な説明のおかげで思ったより時間はかからずに着用できました。

集合場所から10分程度の体験スポットまで大きな車で向かいます。
乗車人数が参加人数とぴったりなので、知らない人と隣り合わすこともあります。また、砂利道+山道なので一般道よりも揺れますので、酔いやすい方は酔い止めを飲んでおくと安心です。

鳥の声や水の音が聞こえてきました。ついに山の方へたどり着きました。
私は20代の5人グループと中学生(10代)2人と私の母(50代)の9人グループで行動しました。一つのグループにつき、一人スタッフがつき引率してくれます。

なんだかもののけ姫に出てくるような神秘的な風景に感動しました。初対面の人とも吊り橋効果で仲良くなれたので楽しさも倍増です。

水の流れるところまで行き、水に足を入れると思ったよりも冷たい!!水温は15度だそうです。暑かったのでとっても気持ちよかったです。
足だけではなく体全体で水温になれなければいけないので、天然シャワーで体を慣らします。

これはインスタ映え。フォトジェニック。なんと滝壺に入れちゃうのです。ガイドの方がグループごとに写真撮影をしてくれます。ポイントごとに写真撮影をしてくれます。スマホを持って行きたい方は、防水で首からかけられるものを用意してください。

飛び込む前です!!開放感があったのでその時の勢いに身を任せて思い切って飛びました。みんなが応援してくれて温かく見守ってくれるので自分のタイミングでダイブすることができます。ちなみに私の母は50代ですが、私の後に続いて楽しんでいました。

自然の木々の木漏れ日と岩場に生えた苔、鳥のさえずり、非日常な素敵な空間に思わず深呼吸してしまいます。水は、透き通った新鮮な雪解け水なので、水分補給は水筒ではなく天然水です。

水が流れる岩場を登ったり、泳いだり、苔の蒸した岩場を歩いたり、5、6メートルのところから水深3メートルほどのところへ飛び込んだり、様々な体験ができます。水陸両用の動物になった気分です。

下るときには体は自然に慣れていて笑う余裕も出てきました。また行きと同じように車に乗って会場まで帰って支度を済ませ、解散という流れになります。

このアクティビティは自然を楽しんだり、自分の知らなかった自分を発見できたり、自信がつきます。いつもとは違った体験をして新たな自分を見つけに行くのはいかがですか。


【白馬シャワークライミング 小谷アウトドアクラブ】
長野県北安曇郡小谷村千石乙4376
TEL:090-3312-1069
料金:6,500円~(料金にふくまれるもの:装備一式)
所要時間:3時間~
体験レベル目安:未経験者向け
準備するもの:水着・タオル

asoview!「小谷アウトドアクラブ」ページはこちら

《注意事項》
アウトドア用の専用水着でなくても大丈夫です。ウエットスーツを上から着るので 薄手のもので構いません。
めがねを着用している方は、めがねバンドがあると安心です。
レストランボンネージュは休業中です。周辺にも食事のできる施設はありません。
自動販売機もありませんので、あらかじめ昼食や飲み物を持参してお越しください。
女子トイレにはドライヤーとブラシがあります。シャワー室はありませんのでご注意ください。

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る