HOME > 長野旅ログ > 風と会話しながら、爽快!空の旅パラグライダー浮遊体験とタンデムフライトin白馬
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

風と会話しながら、爽快!空の旅パラグライダー浮遊体験とタンデムフライトin白馬

ふわふわと気持ちよさそうに空を彩る、カラフルなパラグライダー。スキー場の上空などで見かけますが、ちょっぴり手の届かなそうなイメージのスポーツかもしれません。でもインストラクターと一緒のタンデム飛行なら、未経験者でも安心してチャレンジできます!

集合は「スカイブルー白馬八方尾根パラグライダースクール」。冬はスキー&スノーボードスクールの事務所になっている建物です。

さすが白馬!インターナショナルな雰囲気満点。
一角にはパラグライダーのハーネス(座る部分)が展示してあり、実際に座ってみることができます。

今回の体験はタンデムで10分ほどのフライトですが、ライセンスを持ってフリーで来る人は1時間ほど飛ぶこともあるそう。こんなシートなら長時間でも快適に過ごせそうです。

今日私たちが体験するコースは本来、単独での「浮遊体験」から始まるのですが、実は本日の気象条件が予定を大きく変えてしまいました。

いま現在、日本海方面から立山を上がって来た雲が、白馬の山頂で溜まっている状態。時間が経つほどに気流が変わってしまうので、早くしないと飛べなくなってしまうとのこと。
よくわからないけどそれは困る!ので、急いで山頂まで登り、先にタンデム飛行から体験することになりました。アウトドアのアクティビティは、やっぱり自然との折り合い(戦い?)が大事なんですね。

ゴンドラで一路、山頂へ。麓から一気に600m上昇します。

ゴンドラからスタート地点となるゲレンデに降り立つと、すでにパラグライダーを広げて準備がされていました。風が変わってしまう前に飛び立たなくちゃ…

すぐにハーネス、ヘルメット、グローブ、プロテクターを装着!

ちょっぴりぶかぶかでスタイリッシュとは言えませんが、安全には代えられません。
続いて、インストラクターさんからフライトに関するレクチャーを受けます。

>>降り立つ際の注意事項
着地の直前に、足を前に出す!
・・・「きっと、リフトを降りるときの感じですね!」

>>飛び立つ際の注意事項
とにかく走る!宙に浮いても、ひたすら足を動かす!
・・・「トムとジェリーの感じですね!!」

言われたことを1人でイメージトレーニングしていたら、あっという間に私の番がきました。ハイ!行きましょう!

さあ、行くぞ!とにかく走る!!

パラグライダーが風を受けて広がった!
むむっ重いぞ!
でも走る!!

ふわっ!とからだが宙に浮きました。

すると、それから風を受けてぐんぐん上昇していきます!いつの間にか、すべてのものが私の眼下に見えてきました。

飛び立ったゲレンデはもちろん、リフトもゴンドラも小さくなってゆきます。飛行機でもヘリコプターでもなく、生身のからだで、私が空を飛んでいる!!

すご~~~い!!気持ちいい~~~~!!

ゆっくり旋回して、白馬のまちを見下ろし、背景の山を眺め、風を受けながらふわり、ふわり。眼下には、先に飛び立った人のパラグライダーが舞っています。

インストラクターさんが背中に一緒にいてくれるので、まったく怖くなく、とっても安心感があります。

ぷー、ぷー、ぴー。
高度を知らせる無線のような機械から、聞こえる音も非日常で不思議な感じです。

インストラクターさんが飛行中の写真を何枚も撮ってくれました。自分の視点じゃないアングルが新鮮!

これが、鳥の目なのでしょうか。見慣れない景色、ずっと眺めていたいです。

小さく豆粒のように見えていたジャンプ台が、少し大きくなってきました。そろそろ着陸のようです。

えー、もう降りちゃうの~??
約10分間。長かったような、あっという間のような、文字通り「ふわふわした」時間でした。

地上スタッフが待機している場所には、上から見て「ばってん」の印があります。どうやって操縦しているのか私には見当がつきませんが、そこを狙ってピンポイントで着地!
インストラクターさん、さすがです!!

着地の際は、言われた通り、イメトレ通り、足を前に出して無事にできました。ふうう!!
地面に足がついても、現実感がなく、しばらく全身がふわふわしていました。(※乗り物に酔いやすい人は、酔い止めを飲んでおくといいかもしれません。)そのせいも、あるかな~。

お茶を飲んで、深呼吸して、しばし休憩。今度は単独の「浮遊体験」です!
リフトにもゴンドラにも乗らず、装着したパラグライダーを背負って少し斜面を登ります。

しかし朝の予報通り、この時間はなかなか風が来ません。上昇気流がないとスタートも切れないので、しばし待ち時間。

「風を読める」って、カッコいい…。
おお、やっときました!

インストラクターさんの合図で、走れ!走ります!!

ふわっと浮いた瞬間、思わず足を上げてしまいました。
間違えた!これは失敗…。離陸の時はたとえ浮いても、足は動かさないといけなかった!

またさらに風を待って、3回目でようやく、自分で「飛んだ感覚」を味わうことが出来ました。


【スカイブルー八方尾根パラグライダースクール】
住所:長野県北安曇郡白馬村八方3901 白馬八方尾根スキースクール内1F
タンデム+浮遊体験15,000円(+安全管理費1,000円+ゴンドラ乗車料金1,000円)
http://hakubapara.com/

asoview!「スカイブルー八方尾根パラグライダースクール」ページはこちら

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る