信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
HOME > 長野旅ログ > 「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」その2
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」その2

大町で幕を開けた「北アルプス国際芸術祭2017」。
2017年6月4日(日)~7月30日(日)、57日間の開催期間中に国内外から36組のアーティストが、「水、木、土、空。」をテーマにさまざまなアート作品を展示中です。
旅は、前回の続きからスタートです!

「今日は、爺ヶ岳に種まき爺さんの雪形がくっきり見えるよ。」と聞き、一生懸命探してみると、それらしきものを発見!
写真にはうまく収められませんでしたが、ぜひ地元の方に教えてもらってください。移動中の楽しみが増えますよ。

食後は木崎湖畔の作品を目当てに、のんびり散策。

穏やかで透き通った木崎湖の空気に癒されながら、「ベールの向こうに」「雲結い」「ウォーターフィールド」の3作品を巡りました。

湖から空に向かってまっすぐに伸びる組紐作品、五十嵐さんの「雲結い」は、総勢117名のボランティアが参加したそう。
兵庫県からボランティアに参加された女性に出会い、五十嵐さんが紐を用いた作品を作るようになったきっかけをお聞きしました。
以前、漁師さんと一緒に漁網を編む作品を作ったときに、紐と紐を結ぶ作業をしながら、人と人がつながっていく―。その感動体験がきっかけになったそうです。
今回も大勢の手で結われたその作品は、湖面に静かに佇みながら、私と地元の人、訪れた人、大町という地、木崎湖の空気を確かに結んでくれました。

木崎湖を見下ろせる位置に建つ木崎夏期大学の中では、木崎湖半で暮らす杉原さんの「アルプスの湖舟」が。
お米と蚊帳で表現された湖面に映るアルプスが、広い広い和室に連なっています。
畳の上に寝転がれ、木崎湖から流れる風を受けながら、のんびりと過ごせます。
この木崎夏期大学、市民向け講座の場として大正6年に開設された日本初の独立メディア塾だそう!
今年も講座開講のため、作品鑑賞ができるのは7/25(火)までとのこと。お見逃しなく!

木崎湖で癒された後は、ダムエリアへ。
10日間かけてボランティアとともに制作された淺井さんの「土の泉」。

大町エネルギー博物館の壁に13種類の土によって描かれた壁画。大きな動植物をよくよく見ていくと細かなところにかわいい生き物たちが描かれています。隠れている生き物を見つけていくのがとっても楽しい作品です♪

その向かいの建物、心笑館2階には同じく土を使った作品、栗田さんの「土の道・いのちの道」。
日本海沿いで採取された土が、大町に辿り着くように土の道として並べられています。

同じ建物の1階には、岡村さんの「龍の棲家」。
泉小太郎伝説が残る大町ならではの龍をテーマにした作品。
まさに作品の名のとおり、1階全てが龍の棲家となっている迫力満点の作品です!!

この心笑館、日帰り入浴も可能な温泉施設。
旅の最終地点に設定し、温泉に浸かって1日の疲れを癒すのもおすすめ。

最後に源流エリアへ移動して、地元の人イチオシのジェームズ・タップスコットさんの「Arc ZERO」。
仏崎観音寺の参道にかかる”こちら側”と”あちら側”をつなぐ太鼓橋に設置された光る霧のリングは、くぐるとすーっと「清められた」気分になります。 夕方ということもあり高い杉並木の合間から差し込む夕日が、幻想的でとても綺麗でした。
橋の下には雪解け水が勢いよく流れ、暑い夏も「涼」を味わえるスポットです。

作品がある仏崎観音寺は、泉小太郎伝説の洞窟が裏山に残るお寺。
その昔、大きな湖だったこの一帯を、泉小太郎が水を日本海に落とし、陸地を切り開いたそうです。

まる1日かけてたっぷりアートと自然を堪能し、信濃大町駅に戻ってきました。
あれ?駅舎の左後方に「目」が!?
土地勘がないまま歩き回っていましたが、鷹狩山はここだったんだ!と旅の締めくくりに気がつきました。

どこへ行っても地元の人のおもてなしが温かく、各地でいろいろなお話を聞かせていただいた一日。
地元の人と触れ合うことで、ガイドブックには載っていない情報をたくさんいただきました。
制作秘話やその土地の文化や風習、歴史などを聞くと、作品をより深く鑑賞できます。

心地よい疲労感に包まれ、身も心もすっかり満たされました。

◆◇◆ おまけ ◆◇◆

山登りに始まり、よく動いた1日。旅のおともになったのが、大町の美味しいお水でした。
水資源豊富な大町では、蛇口をひねると自然にろ過された北アルプスの雪解け水が飲めるそう。
まろやかでとっても美味しい湧水が、鑑賞エリア各地で無料配布されています。
日差しに注意しながら、美味しいお水でたっぷり水分補給しつつ、作品鑑賞を楽しんでくださいね♪


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る