HOME > 長野旅ログ > 信州大芝高原のセラピーロードを歩いてきました♪
信州を旅するブログ「長野旅ログ」

信州大芝高原のセラピーロードを歩いてきました♪

南箕輪村の西部、標高約800mに位置する信州大芝高原。

広大な敷地内には森林セラピーロードをはじめ、ジェラートやガレットをいただける味工房、日帰り温泉「大芝の湯」、テニスコートや公園、オートキャンプ場など、いろいろな施設が集まった人気のスポットです。

大芝高原の真ん中には人造湖の「大芝湖」が。
たくさんのコイが泳いでいて、訪れるお子さんたちから大人気!!
わざわざ持参したパンをエサにあげている家族連れもいらっしゃいました。
コイたちは上陸しそうなほど水際まできてうごめいていましたよ(ちょっとこわい・・・)

そこからさらに南へ行くとあるのが、森林セラピー®ロードにも認定された「信州大芝高原みんなの森」。
遊歩道はウッドチップなどで舗装されているのでとても歩きやすく、森林浴を楽しみながらウォーキングする人やランニングする人がたくさんいました。
3つのコースが設定されていて、私はもちろん迷わず「ライトコース」をセレクト!(笑)

アカマツを中心とした森の中にはいろいろな木々や山野草が生えているので、散策するだけでも楽しい♪
今はアジサイやドクダミの花がひっそりと咲いていましたよ。

ところどころに説明看板があるので勉強にもなります。
山菜として人気のコシアブラもこんなに背が高くなっちゃうんですね~。

ウォーキングというより散策(もしくは散歩?)という感じで歩いているだけでしたが、普段運動不足な私には一番短いライトコースでもなかなかの満足感!

重そうな登山バッグを担いで走り抜けるランナーや、颯爽と抜き去っていくウォーキングの方々を見ながら、なんとかゴールまでたどり着きました。

ヘトヘトになりつつ、このまま帰ろうかしら…と思っていましたが、どうしても行きたかった「足つぼロード」へと足を伸ばしてみることに。

テニスコートのすぐ隣りにある「足つぼロード」。
ここはもちろん靴を脱いで歩きます。
大小の石をはめこんだこの悶絶必死のコース。手すりは必須です。
スタスタ歩く同行者に対して、私は生まれたての子鹿のようになりながら倍以上の時間をかけて何とか歩ききりました。
これだけつぼを刺激されたんだから、きっと健康になったはず!
歩いた後は足が軽くなった気がしました♪
味工房にある足湯に入るとさらに効果的だそうですよ!

さて、身も心もリフレッシュしたところで、最後はもちろんお楽しみのグルメです♪

「味工房」では、いまイチ押しのガレット(そば粉のクレープ)や地元産食材を使ったジェラート、手作りのパンがおすすめだとか。

ガレットを焼いているのは、南箕輪村の地域おこし協力隊の楠さん!
フランスの名店「ル ブルターニュ」とコラボし、地元食材を使ったガレットで、南箕輪村を絶賛アピール中だそうです。
定番から季節限定品、デザート系までいろいろな味を楽しめます。

お土産に地元産リンゴを使ったクロワッサンを買って家路へ・・・。
万歩計の数値はなんと6000歩超え!! 達成感満点の休日となりました。


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る