HOME > イベント情報 > 東信州エリア > 小諸八幡宮「八朔相撲」

イベント情報Event Information

東信州エリア/小諸市
小諸八幡宮「八朔相撲」

小諸八幡宮「八朔相撲」

9月2日(日)

八幡宮は慶長13年(1608年)、小諸城主であった仙石越前守秀久が中山道八幡神社を当地に勧進したと伝えられている。元禄4年(1691年)に八幡宮の祭礼行事として当時の藩主石川能登守乗紀が相撲を始めたとされ、今日まで由緒ある伝統行事として受け継がれてきました。旧暦の八月朔日(一日)に行われていることから「八朔」の名があります。江戸時代中期の名力士・雷電為右衛門もここで相撲を取っていたと言われています。わが郷土の誇りでもあり、小諸市重要無形文化財でもある八朔相撲にぜひ、お出かけください。当日は子供たちが、立派な化粧まわしをつけて市内を練り歩き、土俵入りをした後、熱のこもった取り組みを披露します。

  • 開催場所八幡宮神社
  • アクセス・上信越自動車道 小諸ICから3km 5分・JR北陸新幹線軽井沢駅下車→しなの鉄道しなの鉄道線小諸駅→徒歩15分
  • URLhttp://www.city.komoro.lg.jp/doc/2014022501061/
  • お問合せ小諸市教育委員会生涯学習課 TEL:0267-22-1700

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る