スポンサーリンク
エンタメ

芸能ニュースチャンネル 井上公造のyoutube動画はこちら↓

 

井上公造さん等の芸能リポーターが7月30日に開設したユーチューブ動画の「芸能ニュースチャンネル」がヤバイ!

そのユーチューブ動画がどこにあるのか特定しURLも判明しました!

現在までに動画は3本アップされていますのでどのような内容なのか吟味していきましょう。

スポンサーリンク



井上公造 芸能ニュースチャンネルのyoutube動画を開設

メディアで報じられた内容が下記になります↓

「井上公造氏が“芸能リポーター”とYouTubeをスタート 芸能界の“裏側”をより早く発信」

 株式会社FIREBUGは、株式会社KOZOクリエイターズと共同で企画・制作を行う「芸能ニュースチャンネル」を30日に開設したことを発表した。

 さまざまな場面で行われている記者会見や制作発表、PRイベントだが、テレビでは放送枠や放送時間に限りがあり、全編放送は難しく、真意をすべて伝えるにも限界がある。そんな課題を解消し、情報を公正に届けする場所として「芸能ニュースチャンネル」を開設したという。

 記者会見や制作発表、PRイベントなどを出来る限りノーカットで生配信。ホストには、芸能リポーター歴30年以上の井上公造氏をはじめ、各ジャンルに精通したKOZOクリエイターズ所属のリポーター陣が担当。テレビより早く、雑誌よりも深く、誰もが気になる芸能ニュースの裏側を伝え、YouTubeチャンネルならではの「芸能ニュース」を発信していく。

引用:ENCOUNT|2020年7月30日

スポンサーリンク



芸能ニュースチャンネルを開設した理由は?

最近、いろいろな芸能人の方がYouTubeデビューしまくっていますね!

そんな中、井上公造さん等の芸能リポーターの方々もユーチューブチャンネルを作った理由はやはり、新型ウイルスの影響で企業のイベントなどが減ってきている事もあって芸能人の仕事が激減し同時にリポーターの仕事も減ってしまった事が要因として考えられます!

やはり芸能リポーターの方の仕事は芸能人の方が企業のイベントや記者会見などを開くことで成り立つ仕事でしょうから今後もまだまだ自粛規制で厳しい状況が続いてしまうのでしょう!

という事で収入の一部を補うために芸能チャンネルのユーチューブを開設したのだと思われます!

むしろテレビで放送される記者会見などは編集されまくっているので今回立ち上がった芸能チャンネルニュースはノーカットで裏側も見せてくれるのでこれまでにないユーチューブとなっていて希少価値は高いのかもしれません。

いろいろな芸能動画に期待したいところです。

芸能ニュースチャンネル

引用元:芸能ニュースチャンネル

スポンサーリンク




 

芸能ニュースチャンネルyoutube動画はどこ

芸能リポーターの井上公造さん達が開設したユーチューブ動画「芸能ニュースチャンネル」のアカウント(URL)はこちらです!

⇒ https://www.youtube.com/channel/UCdftmZ-Vq7XjP3q3yZ_NQIA/videos

7月30現在は下記のようにアンジャッシュの児島さん関係のインタビュー動画が3本アップされています。

インタビュー前後の準備段階などのテレビでは放送されない部分もノーカットで動画で公開されているので芸能ニュースが好きな方にとっては面白い動画ちゃんねるになっています。

スポンサーリンク



井上公造の芸能ニュースチャンネル|ネットの反響

 
過去に撮影した芸能人の記者会見や謝罪会見なども全部アップして欲しいですね。

 
テレビよりも視聴率が高くなってくる見た↑

 
文春やfridayみたいに不倫やスキャンダルの突撃インタビューにもチャレンジして欲しい。

 
井上公造さんの得意ネタのイニシャルトークで誰と誰が結婚するのかも芸能ニュースチャンネルに出てくるはずだなw

 
渡部建さんに謝罪会見を開くように言っておく事できませんか~?

 
今は三浦春馬さんの元彼女の三吉彩花さんのインスタストーリーの真相を探るべきです。

スポンサーリンク



芸能ニュースチャンネルまとめ

井上公造さんなどの芸能リポーターが立ち上げた「芸能ニュースチャンネル」のyoutube動画のURLはhttps://www.youtube.com/channel/UCdftmZ-Vq7XjP3q3yZ_NQIA/videos です。

7月30日に開設し現在までに3本の動画が投稿されています!

記者会見の裏側も見ることができるので面白い動画になっていますので是非チェックしてみてくださいませ^^

次に見ておきたい記事はこちらです↓

ゆりやんレトリィバァ 誹謗中傷の内容がヤバイ!激怒した理由!

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク