信州しあわせ食旅Shinshu Gourmet Tour

田口氷菓店

木曽
  • 地元の人が集まるお店
  • 信州フルーツを楽しむ(スムージー、パフェ、りんごパイ)
  • 信州食材を味わえるお店
  • 田口氷菓店|ジェラート
    なるべく地元産のものを使う、という心遣いが嬉しい。観光客だけでなく地元高校生にも大人気!
  • 田口氷菓店|ショーケース
    ショーケースには7種類のジェラート。どれを食べようか迷ってしまいます。
  • 田口氷菓店|店内
    2010年オープンにも関わらず店内はまるで大正時代からやっているようなレトロなインテリア。小物にも店長のユーモアを感じます。

木曽の田口と聞いてピン!ときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

初夏に出回る木曽名物「朴葉巻(ほおばまき)」、木曽の秋を代表するお菓子「栗子餅」等を取り扱う、創業80余年の老舗和菓子屋「御菓子司 田ぐち」として有名です。

その田ぐちが8年前、満を持して和菓子屋の隣りにオープンしたのが「田口氷菓店」です。

朴葉巻の季節が終わってから栗子餅が発売されるまでの間、何か観光客の方がすぐに食べられるようなお菓子がないかと考え、季節の素材を活かせるジェラートに目をつけたそうです。

地元の旬の素材にこだわったジェラートづくりの姿勢は、四季を大事にする和菓子の精神に通じるものがあります。

お店を始めたころは和菓子店のイメージが強く、氷菓店をうっかり見落としてしまうお客様も多かったそうですが、地元の青峰高校の生徒の口コミがSNSを通じてジワジワと広がっていき、今ではむしろジェラート目当てでお店にやってきて、隣の和菓子屋の存在を知るというお客様もいらっしゃるそう。

そんないきさつもあってか、毎週月曜日は青峰高校の生徒さんがお得にジェラートを食べられる「青峰デー」となっているようです。

青峰高校の生徒さんだけズルい!という方もご安心ください。

水曜日はどなた様でも、通常なら420円のダブルサイズがシングル料金でいただける「ダブルデー」です。「Wデー」の「W」は水曜日を意味する「Wednesday」の「W」とかかっています。覚えやすくていいですね!

さらに嬉しい情報として、田口さんのお店の近くにある木曽川親水公園には、二本木の湯を源泉とする足湯があります。

ashiyu

ここで足湯を楽しみつつジェラートを食べているお客様も多いそうです。足湯の広さも十分ですが、公園内にベンチもあるので座る場所は十分!!

田口氷菓店の大正ロマンを匂わせるレトロな店内も素敵ですが、店内の座席が埋まってしまっている!というときはぜひ木曽川親水公園まで足を運んでみることをおススメします。

ちょっと熱めでシュワシュワな炭酸泉に足を浸し、美しい木曽川を眺めつつ優雅に冷たーいジェラートを食べる。そんな最高の贅沢をぜひ一度お試しください♪

PickUp Menu

  • 和栗のジェラート 9月中旬ころ発売予定!
    例年、秋のジェラートの中でも特に大人気の味。
    栗のほっくりとした甘みをお楽しみください。
  • トウモロコシのジェラート 木曽といえば、地元高原産のトウモロコシ!!
    市場にあまり出回らず、地元の直売所等であっという間に売り切れてしまうため、「幻のトウモロコシ」とも呼ばれています。
    フルーツのような甘さと、トウモロコシ特有の芳醇な香りに感動すること間違いなしです。
  • 搾りたて牛乳のジェラート 定番メニュー、地元産の絞りたて牛乳を贅沢に使ったジェラート。
    ミルクの甘味と優しい香り。間違いのない美味しさ!!
    他のジェラートとの相性もバッチリなので、ダブルを頼む際にも大活躍です。

Shop Data

田口氷菓店
住所 〒397-0001木曽郡木曽町福島5283
TEL 0264-22-2023
FAX 0264-24-2298
営業時間 10:00~18:00
定休日 木曜日 ※~10月までの期間限定
価格帯 シングルコーン・カップ…¥350
ダブルコーン・カップ…¥420
駐車場 10台(隣にある「御菓子司 田ぐち」の専用駐車場をご利用ください)
アクセス JR木曽福島駅から徒歩10分、伊那インターから車で約50分
ホームページ https://www.kashitaguchi.co.jp/gelato/
SNS Facebook
信州しあわせ食旅


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る