信州しあわせ食旅Shinshu Gourmet Tour

農かふぇ 白馬そだち(のうかふぇ はくばそだち)

白馬・小谷
  • 絶景が楽しめるお店
  • これぞ信州の農家(里)レストラン
  • 採りたて!収穫レストラン
  • 畑のあるレストラン
  • 信州野菜のおいしいお店
  • 信州フルーツを楽しむ(スムージー、パフェ、りんごパイ)
  • 信州食材を味わえるお店
  • 農かふぇ 白馬そだち(のうかふぇ はくばそだち)|
    平均標高700mの白馬村のグリーンシーズンは平均気温約25℃ (真冬の1~2月は-20℃に近づく日も)
  • 農かふぇ 白馬そだち(のうかふぇ はくばそだち)|
    自社農場直送の新米もその場で買える
  • 農かふぇ 白馬そだち(のうかふぇ はくばそだち)|
    ペットOKのテラス席では雄大な白馬の山々を眺めながら素敵な時間が過ごせそう

PIC_0170
↑ 訪れたのは11月の初め.雪化粧した白馬三山と大糸線を写真に収めることができた.

日本アルプスの山間部に位置し、1998 年冬季オリンピックの開催地となった白馬村。

涼しいグリーンシーズンは登山や高山植物の花々を楽しみながらのトレッキング、また、ラフティングやカヌー・熱気球などのアクティビティを楽しめ、ウインターシーズンは一大スノーリゾートとなり、最高の雪質でスキーやスノーボードといったウィンタースポーツを存分に楽しめると、世界中から多くの観光客が訪れる観光地として知られている。

そんな白馬村で、村内の耕作面積の約20%にあたる120 ha という広大な農地をつかい、米を主軸に大豆や蕎麦、ブルーベリーに季節様々な野菜を生産・製品化・出荷しているのが有限会社ティーエム(しろうま農場)だ。

しろうま農場で作られた白馬産の美味しい農作物、加工品をブランド『白馬そだち』と命名し、自社ブランド製品を調理・提供できる場をと、2013年夏に『農かふぇ 白馬そだち』が開店した。

PIC_0175
↑ 『新米』の文字に心が躍る.
 PIC_0176
店舗の隣にはブルーベリー農園があり、紅葉していてとても綺麗だった.
↑ 毎年7月上旬~8月下旬には、食べ放題と販売も行っている.

『農かふぇ 白馬そだち』では、店内がカフェスペースとストアスペースに分かれており、食事と買い物と両方を楽しめるようになっている。

PIC_0262PIC_0263
↑ 各種新米に朝採り野菜や果物、米粉パスタや蕎麦などの自社製品、白馬の銘酒等…品揃えが豊富.
PIC_0196
↑ 木の温もりあふれる店内.席数は30席、テラス席は約12席でペット可.
PIC_0179
↑ 小皿やお子様用食器はセルフで用意されている.
PIC_0180
↑ 醤油などの調味料も、もちろん自社製品.(一輪挿しのお花が可愛い)

この日、いただいたのはお店オススメの「おにぎり定食」と「しょうが焼き定食」、デザートに「白馬ブルーベリーパイ」。

PIC_0200
↑ おにぎり定食 760円(税込)

おにぎり定食」は、梅と昆布の2種類のおにぎりに卵焼き、お味噌汁、日によって変わるサラダや漬物などが入った小鉢・小皿が3つがつく。

お米は、しろうま農場で2018年より生産を始めた「ゆうだい21」という新品種で、栃木県の宇都宮大学で開発され、コシヒカリより粘りが強く、香りも甘みも強いと評価を受けたブランド米だ。

少し固めに炊かれたご飯に程よい塩加減で握られたおにぎりは、中の梅干しや昆布との相性バッチリで一個が大きいので結構なボリューム。おにぎりがここまで美味しいことに既に満足なのに、これでもか!とばか りの具だくさんのお味噌汁に、惣菜に漬物に…美味し過ぎて箸が止まらない。

PIC_0195
↑ しょうが焼き定食 1,030円(税込)

しょうが焼き定食」は、白馬豚ロース肉を使ったしょうが焼きに卵焼き、サラダ、ご飯、味噌汁に漬物がセットになっている。

生姜のきいた自家製醤油ダレで味付けされているお肉は、脂の甘さと濃いめの味でご飯が止まらなくなる美味しさ。一緒に炒めてある玉ねぎも甘くて美味しい。

付け合わせもサラダや卵焼きも、おにぎり定食と同じく一品一品が丁寧に作られており、食材本来の甘さや香り、食感を楽しみながら食べることができた。

PIC_0164
↑ 白馬ブルーベリーパイ 380円(税込)

甘いものは別腹…ということでデザートには「白馬ブルーベリーパイ」を。

無農薬栽培のブルーベリーをふんだんに使って作られたパイは、生地はサクサクで中はぎっしりとブルーベリーが詰まっていて、食べると適度な酸味が効いて甘過ぎず、特に口いっぱいに広がる香りが良い。

テラス席につながる大きな窓からはブルーベリー農園が見え、毎年7月上旬~8月下旬には食べ放題と販売も行っているというので、ぜひ生食でも(お腹いっぱい)食べてみたい。

天気の良い日は最高のロケーションの中で、どこか懐かしい家庭的な味を楽しめるこのお店。

食材や調味料の生産から加工・調理・提供までを全て白馬の自社農園で作っている、『農かふぇ 白馬そだち』の一番の魅力は、”生産者の見える安心”だと思った。

 

<ココがうれしいポイント>

◆ 食事だけじゃない!有限会社ティーエム(しろうま農園)では農業体験ブルーベリー食べ放題グランピング等、様々な事業を展開しているので白馬村を遊び尽せる

◆ 食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証「JGAP」を始め、環境に優しい各種認可・認証を取得している(詳しくは会社HP内)

◆ 季節によってメニュー内容が変わるので季節毎に訪れたくなる

◆ テラス席ではペット同伴OK

◆ ストアスペースの品揃えが充実しているのでお土産に買っていく人も多い

 

PickUp Menu

  • おにぎり定食 自慢の白馬産米で炊いたおにぎり(梅・昆布)と、季節で採れる自社栽培の野菜を使った惣菜・お味噌汁・漬物の定食
  • しょうが焼き定食 自家製醤油ダレで味付けした白馬豚のしょうが焼きと、自慢のご飯、季節で採れる自社栽培の野菜を使った惣菜・お味噌汁・漬物の定食
  • 白馬ブルーベリーパイ 店舗隣のブルーベリー農園で採れる無農薬栽培のブルーベリーをふんだんに使ったパイ

Shop Data

農かふぇ 白馬そだち(のうかふぇ はくばそだち)
住所 〒399-9211北安曇郡白馬村神城23603
TEL 0261-75-3202
FAX 0261-75-3202
営業時間 9:00〜17:00(ランチタイムは11:30~14:00) ※冬期間の12月末~3月初旬は9:00~20:00
定休日 夏季(7・8月):無休 / 上記以外(9~6月):水
価格帯 ランチ:~1,080円
駐車場 店前に駐車場有り(約20台)
アクセス 🚃:JR大糸線 飯森(いいもり)駅から徒歩約1分 / 🚙:中央自動車道 安曇野ICから約1時間 or上信越自動車道 長野ICから白馬長野有料道路経由で約1時間 国道148号線沿い「iimori」信号前
ホームページ http://www.hakubasodachi.jp/
SNS Facebook Instagram
その他 カード支払いOK
信州しあわせ食旅


信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る