HOME > 信州DCとは

信州デスティネーションキャンペーンShinshu DC

DCとは?

Dは「Destination(デスティネーション)」の頭文字で、目的地・行き先を意味します。
Cは「Campaign(キャンペーン)」の頭文字で宣伝を意味します。
DCはこの2つを合わせた造語となります。

DCは、北海道から九州までJR6社が地元観光関係者や自治体と協力し、全国の旅行会社等の協力を得ながら、全国にその地域を旅行先としてPRする国内最大級の観光キャンペーンです。

信州DCキャッチフレーズ

世界を表す地球と信州にそびえる北、南、中央の3つのアルプスを組み合わせ、県木「シラカバ」の葉をあしらったデザイン。
信州の世界級リゾート地としての伝統と品質を表現しています。

ロゴマークの使用申請はこちらから

基本コンセプト

自治体、観光関係団体、観光事業者等が一丸となって、 観光資源の掘り起こしや磨き上げ、観光客受入体制の整備・充実を図りながら、 全国のJRグループ6社の協力のもと、信州デスティネーションキャンペーンを実施することにより、 全国からの集中的な誘客や地域経済の活性化を図るとともに、 キャンペーン後も継続して観光振興を推進する体制を確立する。

開催時期

プレデスティネーションキャンペーン 平成28年7月1日(金)~9月30日(金)
本デスティネーションキャンペーン 平成29年7月1日(土)~9月30日(土)
アフターデスティネーションキャンペーン 平成30年7月1日(日)~9月30日(日)

DCの訴求テーマ

「山の日」制定を好機と捉え、山岳高原リゾートという価値を国内最高峰の長野県が発信し、創造します。
県外に限らず、県内にも情報を発信することで、長野県は県民が誇る世界級リゾートであるという自覚を醸成し、県民の自負とおもてなしの意識を向上します。

信州にある観光資産を個別のコンテンツとしてではなく「山」を核とした一体感のある訴求によって「山の信州」というブランドを構築します。
またリゾートとしてシーンや過ごし方を紹介することで滞在型観光リゾートして情報を発信します。

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る