HOME > 特集 > 2018年春 一度は見たい長野県の城x桜 > 国宝松本城
国宝松本城
夜に浮かぶ漆黒の城はほのかにピンクのさくら化粧。
その美しさと力強さに私は恋をしているんだ。
美しさと荘厳さを誇る国宝天守。夜桜のライトアップは必見
漆黒の天守と華やかなさくらの美しいコントラストに目を奪われます

漆黒の天守と華やかな桜の美しいコントラストに目を奪われます

現存する五重六階の天守の中では日本最古の国宝の城。漆黒の天守は、文禄(1593~94)年間に石川数正・康長親子によって建てられたもので、勇壮な天守と泰平の世になって造られた辰巳附櫓・月見櫓がつながった特徴的な「連結複合式天守」の構造を持ちます。華美な装飾がなく無骨な雰囲気なのは、戦国末期の動乱の世に築城されたから。現在は埋め立てられてしまった部分もありますが、かつては防御のため、本丸のまわりに三重の堀が張り巡らされていました。

ここ数年は特に外国人観光客に絶大な人気があり、戦国武将のコスプレをして記念撮影をする外国人もいるそうです。国内外を問わず、松本城の美しさや荘厳さは見るものを魅了します。

松本城の桜の見ごろは例年4月上旬から中旬。「夜桜会」や外堀の桜並木等をライトアップする「国宝松本城桜並木 光の回廊」が開催されます。

国宝松本城 春のイベント
「夜桜会」は松本城管理事務所の開花宣言の3日後から8日間、「国宝松本城桜並木 光の回廊」は松本城管理事務所の開花宣言の3日後から10日間開催

城下町・松本で湧水巡り(長野旅ログ 2017.07.19)

見どころ

  • 北アルプスを借景にした雄大な景色の中に立つ平城の天守
  • 漆喰の白と漆塗りの黒の対比が絶妙な美しさを持つ天守建物
  • 戦闘に備えた天守と優雅な月見のための櫓
  • 外観は五重、内部は六階の構造
  • Information
  • 住所松本市丸の内4-1
  • 見頃4月上旬〜中旬
  • 営業時間8:30~17:00(最終入城は16:30まで)
    夜桜会:17:30~21:00
  • 入園料大人610円、小・中学生300円(夜桜会開催中は夜間無料開放)
  • アクセス長野道松本ICからクルマで約15分、JR松本駅から徒歩約15分
  • お問合せ松本城管理事務所 TEL 0263-32-2902
  • URLhttp://www.matsumoto-castle.jp/

おすすめイベント情報

春の城下町で楽しむ絶品ランチ

セロニカ 地中海料理&ワイン

体にやさしい地中海料理と多彩なワイン

セロニカ 地中海料理&ワイン

松本市

全ての素材にこだわった、体に優しい地中海料理を、豊富な長野県産ワイン、200種類を超える世界のワインとご一緒にお楽しみください。

キュイエール・ダルジャン

記憶に残る一皿一皿。手作りのスイーツはテイクアウトもOK

キュイエール・ダルジャン

松本市

仏伊料理とフランス菓子店として11年、住宅地にある内庭と洋画に囲まれたレストランです。テーブルクロスに花、夜はローソクが灯ります。玄関にはテイクアウトの生ケーキ、マカロン、焼き菓子、チョコレート等が並びます。全て手作りのものです。女性連れ、ご夫婦、ご家族、特に男性に気軽に食事に会話に楽しめる空間です。

桜とお城を満喫したあとは・・・

春のNAGANO WINEのマリアージュ春のNAGANO WINEのマリアージュ

松本平は、桔梗ケ原ワインバレーと日本アルプスワインバレー、2つのNAGANO WINEの産地が隣接するエリア。信州の春の爽やかな空の下、グラス片手にワイナリー巡りはいかが。

インスタグラムに投稿しよう!
LINEで送る