HOME > 特集 > 信州の歴史遺産を巡る旅へ > 信州の城巡り!一度は訪れたい信州の名城から知る人ぞ知る古城まで

特集Special issue

2016年夏の特集 信州の歴史遺産を巡る旅へ

信州の城巡り!一度は訪れたい信州の名城から知る人ぞ知る古城まで

信州は、武田や上杉をはじめ、豊臣、 徳川など、さまざまな勢力が入り乱れた場所。県内各地には戦国から江戸時代を中心に築城された多くの名城が残っています。

代表的なものが、安土桃山時代末期から江戸時代初期に建造され、天守が国宝に指定されている松本城。黒い外壁のため、市民からは別名烏城(からすじょう)と呼ばれて親しまれる城郭です。

また、明治時代に政府から城郭の取り壊しが命じられた高遠城は、現在は城址公園となっていますが、園内に植えられた約1500本の桜の固有種・タカトオコヒガンザクラが「天下第一の桜」と称されるほど美しく、雄大なアルプスの山々を背景に訪れる者を魅了しています。

さらに、知る人ぞ知るのが龍岡城。実は函館戦争で有名な函館五稜郭とともに日本に2つしかない星型稜堡をもつ洋式城郭で、マニアックな魅力にあふれています。

各地の城を訪ね、その時代の息吹を感じながら歴史ロマンに思いを馳せてみませんか。

※ここに掲載している情報は2016年7月1日現在のものです。最新の情報については、掲載施設・店舗にご確認ください。

このページで紹介している名城・古城

国宝 松本城

松本市

  • 松本城
  • 松本城
  • 松本城
  • 松本城

現存する五重六階の天守の中では日本最古の国宝の城。漆黒の天守は、文禄(1593~94)年間に石川数正・康長親子によって建てられたもので、勇壮な天守と泰平の世になって造られた辰巳附櫓・月見櫓がつながった特徴的な「連結複合式天守」の構造を持ちます。華美な装飾がなく無骨な雰囲気なのは、戦国末期の動乱の世に築城されたから。現在は埋め立てられてしまった部分もありますが、かつては防御のため、本丸のまわりに三重の堀が張り巡らされていました。

  • Information
  • 住所松本市丸の内4-1
  • TEL0263-32-2902
  • 営業時間8:30~17:00(入城は~16:30)※時期により変動あり
  • 定休年末年始(12月29日〜31日)
  • 料金大人610円、小・中学生300円(隣接の松本市立博物館との共通券)
  • アクセス長野道松本ICからクルマで約15分、JR松本駅から徒歩約15分
  • URLhttp://www.matsumoto-castle.jp/
こんなまち歩きはいかが?

ボランティアガイド
松本市街地にはさまざまなガイドがそろっています。

■松本まちなか観光ボランティアガイド
松本城を中心に市街地の観光名所を無料で案内してくれます。
0263-39-7176(松本市観光情報センター)
10:00~16:00(案内可能時間)
無料 ※実費別途
7日前までにインターネットかFAX(0263-39-7320)で要予約

■松本城案内ボランティアガイド(日本語)
松本城について解説、案内をしてくれます。
0263-47-5985(松本城案内グループ)
10:00~14:00(4月・10月~11月)、10:00~15:00(5月~9月)
無料
予約不要(4月上旬から11月上旬まで、団体は予約が確実、雨天の場合は休み)

■松本城案内ボランティアガイド(英語等)
松本城について、英語、フランス語、スペイン語、中国語で解説、案内をしてくれます。
090-9669-3454(アルプス善意通訳協会ALSA)
<当日申し込み>
松本城の待機場所で受付(10:00~15:00)基本は英語
<事前申し込み>
ALSAのホームページから予約(2週間前まで)
対応言語:英、仏、西、中
無料 ※実費別途
GW・お盆休み・年末年始は休業


高遠城址公園

伊那市高遠

  • 高遠城址公園
  • 高遠城址公園
  • 高遠城址公園
  • 高遠城址公園

武田信玄の五男・仁科五郎盛信が織田信長の長男・信忠と戦い、壮絶な死を遂げた城。明治4年(1871年)の廃藩置県で城が取り壊され、明治8年(1876年)に公園となりました。今では「桜の日本三大名所」にも数えられる県内屈指の花見スポットで、春には園内に植えられた約1500本もの固有種・タカトオコヒガンザクラの花が頭上を覆い尽くします。

  • Information
  • 住所伊那市高遠町東高遠
  • TEL0265-78-4111(伊那市観光協会)
  • 営業時間8:00~17:00(さくら祭り最盛期は6:00~22:00)、無休
  • 料金入園料:無料(さくら祭り期間中は大人500円、子ども250円)
  • アクセス中央道伊那ICからクルマで約30分、JR伊那市駅からバスで約25分の「高遠駅」から徒歩約15分

諏訪高島城

諏訪市

  • 諏訪高島城
  • 諏訪高島城
  • 諏訪高島城

約400年前に豊臣秀吉の家臣・日根野織部高吉によって築城された城で、かつては諏訪湖に浮かんで見えたことから難攻不落の「浮城」とも呼ばれていました。天守閣が存在する高島公園は桜の名所にもなっており、また、四季折々の花が楽しめます。

  • Information
  • 住所諏訪市高島1-20-1
  • TEL0266-53-1173
  • 営業時間9:00~17:30 ※時期により変動あり、無休
  • 料金入場料:大人300円、小人150円
  • アクセス中央道諏訪ICからクルマで約15分、JR上諏訪駅から徒歩10分

龍岡城跡

佐久市

  • 龍岡城
  • 龍岡城

函館五稜郭とともに日本に2つしかない星型稜堡をもつ洋式城郭。江戸時代末期に田野口藩新陣屋として竣工しました。フランスのボーヴァン将軍が考案したといわれる稜堡式築城法によるもので、山から遠く離れた平野の真ん中にあってこそ、その機能を十分に発揮できる平城です。明治5(1872)年に城は取り壊しになりましたが、堀と土塁、建物の一部「お台所」が城内に残されている国指定の史跡です(お台所の内部見学は要予約)。

  • Information
  • 住所佐久市田口3000
  • TEL0267-68-7321(佐久市文化振興課文化財事務所)
  • 料金入城料:無料
  • アクセス中部横断自動車道佐久南ICからクルマで約20分、JR小海線臼田駅・龍岡城駅から徒歩約20分

荒砥城

千曲市

  • 荒砥城
  • 荒砥城
  • 荒砥城
  • 荒砥城

地方豪族・村上氏の支族にあたる山田氏により、大永4(1524)年に築城されたと伝えられており、12年もの長きにわたって戦いを繰り広げた川中島合戦では武田軍と上杉軍の激しい奪い合いがありました。平成7年に城山史跡公園として整備され、ふもとの戸倉上山田温泉から数分という立地から多くの観光客が訪れています。また、NHK大河ドラマの撮影ロケ地としても多く利用されています。

  • Information
  • 住所千曲市大字上山田字城山3509-1
  • TEL026-275-6653
  • 営業時間9:00~17:00(入城は〜16:30)
  • 定休年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 料金入場料:大人300円、中学生以下無料
  • アクセス上信越自動車道坂城ICよりクルマで約20分、長野自動車道更埴ICより約30分、しなの鉄道戸倉駅から徒歩30分

特集 信州の歴史遺産を巡る旅へ

LINEで送る