HOME > 特集 > 信州の春の山旅 > 大町市の雪形ウォッチングと雪形まつり

大町市の雪形ウォッチングと雪形まつり

日本アルプスエリア/大町市・白馬村・小川村

山の雪融けが始まると、北アルプスの東斜面に「雪形(ゆきがた)」が現われます。「雪形」とは残雪と山の地肌や岩肌が作り出す自然の造形をさまざまなものに見立て名づけたもの。農作業の目安や山の名前の由来として、昔からふもとの人々に親しまれてきました。

そんな「雪形」は北アルプス山麓の広い地域で眺めることができますが、毎年GW明けから5月の土日に数回かけて、大町市内と白馬、安曇野の雪形ビューポイントをあづみ野雪形研究会が解説してくれるものが「雪形ウォッチング」です。約6時間かけ、伝統的な「雪形」とともに、春の安曇野の観光も案内してもらえます。

また、6月10日(土)には、大町市文化会館にて、太鼓や合唱の発表、雪形にまつわる子どもたちの詩の朗読、詩と絵画の表彰などが行われる無料イベント「北アルプス雪形まつり」も開催されます。

  • 残雪と岩と太陽が作り出す絶妙な自然の造形美「雪形」。水田に映る北アルプスの山々がまた美しく、見る者を魅了します。
  • 雪形には山肌の雪が解けてできた「黒い雪形」と、その部分だけ雪が残った「白い雪形」とがあり、多いのは「黒い雪形」です。白馬岳(しろうまだけ)には「白馬岳の代馬(しろうま)」という雪形が現われ、それが山や村の名前になったそうです。
  • あずみ野雪形研究会会長のメンバーがパネルを使ってわかりやすく紹介してくれます。筆記用具や望遠鏡、カメラなどは各自で準備を。
  • 参加費は高校生以上500円で、当日集合時に支払います。

なお「雪形」の観察は北アルプスの眺望がすばらしい大町山岳博物館からもおすすめ。館内には雪形についての常設展示があり、雪形についての問い合わせにも応じています。

案内してくれたのはこの人

あずみ野雪形研究会会長・渡辺逸雄さん

大北地方や安曇野を巡り北アルプスの雪形の見学会を毎年開いている「あづみ野雪形研究会」。主な雪形を見学コースとともに紹介したDVD「あづみ野雪形ウオッチング」も製作しており、精力的に活動をしています。

あずみ野雪形研究会会長・渡辺逸雄さん

ツアー詳細

雪形ウォッチング

  • 住所大町市大町3887 大町市役所駐車場(集合)
  • 開催時間2017年5月14日(日)、28日(日)、6:45~12:45(※各回定員8名、最小実施人員4名)
  • 料金高校生以上500円(保険料・資料代込)、中学生以下無料(保険料・資料代主催者負担)
  • アクセスJR信濃大町駅から徒歩15分、長野自動車道安曇野ICから約30分または上信越自動車道長野ICから車で約1時間
  • お問合せ大町山岳博物館 TEL:0261-22-0211
    http://www.omachi-sanpaku.com/

北アルプス雪形まつり

  • 住所大町市大町1601-2 大町市文化会館
  • 開催時間2017年6月10日(土)
  • 料金無料
  • アクセスJR北大町駅から徒歩5分、長野自動車道安曇野ICから約30分または上信越自動車道長野ICから車で約1時間 
  • お問合せ大町市教育委員会事務局生涯学習課生涯学習・青少年係 TEL:0261-22-0420
    http://www.city.omachi.nagano.jp/

お立ち寄りスポット

白馬村の「白馬ガレット」

「ガレット」とは、フランス北西部ブルターニュ地方の郷土料理。そば粉を使った生地を薄く焼き、肉や魚介、チーズや卵などを自由にトッピングした食べ物です。そのガレットにならい、白馬村産のそば粉と、白馬豚や信州サーモン、季節野菜などの地元食材を使ったものが白馬村の新名物「白馬ガレット」。村内30の店で提供されています。

  • 住所北安曇郡白馬村
  • アクセスJR白馬駅から徒歩5分、長野自動車道安曇野ICまたは上信越自動車道長野ICから車で約1時間
  • お問合せ白馬商工会 TEL:0261-72-5101
    http://www.hakuba-sci.jp/

花の絶景ポイント

大町市中綱湖のオオヤマザクラ

大町市内にはいくつもの桜の名所がありますが、仁科三湖の中でも一番小さな中綱湖はカメラマンが集まる人気スポットとして知られています。濃いピンク色のオオヤマザクラが湖面に映る様子はとても美しく幻想的。大町公園のソメイヨシノが散り始める頃が開花の目安になります。


小川村の夜桜まつり

小川村一帯で桜にちなんだイベントが行われる「小川村桜ウィーク」期間中(2017年4月10日~5月2日)に開催される一大イベント。ライトアップされた番所の桜をキャンバスにして、愛知県を拠点に活躍する切り絵作家・酒井敦美さんが光の切り絵を映し出し、さらに自由自在に色や明るさを変える1.5mのバルーンが共演する「野外幻灯」が行われます。4月22日(土)には飲食屋台の出店やミニコンサートも開催予定です。

LINEで送る