HOME > 特集 > 信州の春の山旅 > 中野市・飯山市・栄村 ガイドと歩く信越トレイル

中野市・飯山市・栄村 ガイドと歩く信越トレイル

北信濃エリア/中野市・飯山市・栄村

「信越トレイル」は、長野県と新潟県の県境をなす関田山脈のほぼ尾根上にある全長80キロのトレッキングコース。地域の人々が大切にしてきたブナの森や、そこに息づく動植物を観察しながらトレッキングを楽しむことができます。

全線は6つのセクションに分かれていますが、信越トレイルがはじめてという方には「セクション4」の一部(関田峠〜鍋倉山)がおすすめ。トレイルの核心部ともいえる美しいブナの森の中を歩きます。地域の自然や文化・歴史に詳しい信越トレイル登録ガイドと一緒なら、安全管理と共に様々な見どころポイントを案内してもらえます。

  • 雄々しい姿を見せるブナの巨木。ブナ林に育まれたこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として利用され、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれました。
  • 雪解け後からオオイワカガミ、エゾアジサイ、ホウノキなど次々と花が咲き誇ります。6月上〜中旬の黒倉小池では、モリアオガエルの産卵やクロサンショウウオの卵塊を観察することができます。
  • スタートの関田峠からは比較的なだらかなトレイルを行きます。後半、黒倉山〜鍋倉山までは登りが続きますが、黒倉山山頂からは新潟県側の日本海や佐渡島、鍋倉山山頂からは長野県側の飯山盆地を望むことができます。

[注意事項]
◎十分な装備が必要となります。軽装でのご参加はご遠慮ください。
◎健脚の方が対象となります。体力に自信のない方はご遠慮ください。

案内してくれたのはこの人

NPO法人信越トレイルクラブ事務局長・高野賢一さん

NPO法人として2004年1月16日に長野県より認証された団体です。関田山脈の総延長80kmにおよぶロングトレイルを整備するとともに、その維持・管理を行いながら、より多くの人が里山の美しいブナ林や自然、地域の文化・歴史に触れることができるよう、サポートしています。「自然や文化・歴史に詳しいガイドと一緒なら、歩く楽しさも倍増します」と高野賢一さん。

NPO法人信越トレイルクラブ事務局長・高野賢一さん

ツアー詳細

ガイドと歩く信越トレイル

  • 住所飯山市照岡1571-15 なべくら高原森の家内
  • 開催期間5月〜11月
  • 料金ガイド1名につき半日(4時間以内) 10,000円、1日(8時間以内) 15,000円、8時間を超える場合、1時間につき2,500円 ※ガイド1人に対して利用者10名以内
  • アクセス上信越道豊田飯山ICから車で約25〜40分
  • お問合せ特定非営利活動法人信越トレイルクラブ(なべくら高原・森の家内) TEL:0269-69-2888
    http://www.s-trail.net/

お立ち寄りスポット

富倉そば(飯山市)

新潟県境の山深い富倉集落に伝わる郷土そば。かつて調達が難しかった小麦粉の代わりに、アザミの仲間である「オヤマボクチ」の繊維をつなぎに使って打ったそばで、緑がかった艶のある色合い、キュッキュッとした歯応え、つるりとした喉ごしが特徴です。そば通からは“幻のそば”と呼ばれ、この味を求めて遠方から足を運ぶ人も多い。


内山紙すき和紙体験(木島平村)

晩秋に刈り取った楮の皮をはぎ、深い雪の上にさらし、清冽な水で漉きあげる内山和紙。丈夫で通光性に優れた障子紙として江戸時代より人気を博していました。その歴史や作り方を学びながら、手作りのオリジナルはがきや色紙、しおりなどが製作できる「紙すき体験」は、海外からの観光客にも大人気。完成した素朴な風合いの手すきはがきに旅の便りをしたためて、大切な人に送るのも一興です。

  • 住所下高井郡木島平村穂高1143-3
  • 営業時間9:00〜17:00(体験受付9:00〜11:00、13:00〜16:00)
  • 料金はがき(3枚)800円/うちわ(1枚)1,000円など
  • アクセス北陸新幹線・JR飯山駅からタクシー約20分、上信越道豊田飯山ICから車で約20分
  • お問合せ内山手すき和紙体験の家 TEL:0269-82-4151
    http://kamisukiya.com/

花の絶景ポイント

栄村 カタクリ街道

カタクリは落葉樹林に咲くユリ科の多年草。栄村では村の花として親しまれ、国道117号から北野天満宮に向けて通る県道407号線(一部507号線と重複)の道筋に、春の妖精と呼ばれるカタクリの群生地が点在しています。雪解けを迎えたばかりの山肌を、薄紫色に染めて咲き誇るカタクリの花は一見の価値あり。見頃は4月下旬〜5月上旬頃です。

LINEで送る