HOME > 特集 > 信州の春の山旅 > 木曽町・開田高原で木曽馬と歩こうツアー

木曽町・開田高原で木曽馬と歩こうツアー

木曽路エリア/木曽町・上松町

木曽町の地域資源を生かして健康と観光を推進する「木曽おんたけ健康ラボ」が毎月第一日曜に開催しているツアー。温厚で人懐っこい農耕馬である木曽馬と一緒に歩くことで、ウオーキングの運動効果とともに、木曽馬がもつ癒しの効果も期待できます。歩くところは高低差の少ない標高1,100mの高原地帯。5~6月は山菜や花々を見つけながらのウォーキングが楽しめます。6月に入るとまばゆい新緑を満喫することもできます。

ランチの特製弁当も楽しみのひとつ。季節の素材を詰め込んだ開田高原ならではのオリジナル弁当で、カロリーも控えめで健康的。春は山菜を使ったお弁当が用意されます。

  • 標高1,100mの準高地の開田高原を木曽馬と歩く癒しウォーキング。ツアーは午前中に行われ、春は歩きながら山菜採りを楽しむことができます。
  • 毎月第一土曜は高原ウォーキングやサイクリングが開催されます。2日目の木曽馬ウォーキングと組み合わせて、2日連続でのツアーを楽しむことも可能です。
  • 夏の開田高原もさわやかです。そばの花が咲き誇る畑を眺めながらゆったりと歩きます。
  • 午後に行われる「横臥外気浴(おうががいきよく)」というリラクゼーションプログラムも魅力のひとつです。自然の中で寝そべって、心身ともにリラックス。
  • 地元の旬の食材を詰めたお弁当は大人気。カロリー控えめで、運動と食事面から健康を意識することができます。

歩く距離は3~5kmほどで定員は20名。高原の四季を肌で感じながら、木曽ヘルスツアーガイドが楽しく案内します。

ツアー詳細

木曽町・開田高原で木曽馬と歩こうツアー

お立ち寄りスポット

道の駅 日義木曽駒高原 「ささりんどう館」(木曽町)

中山道の中間地点に位置する道の駅。おみやげの加工所を併設しており、木曽路の旬の地元野菜や特産品が豊富に揃っています。館内のお食事処「巴(ともえ)」では、木曽の郷土食で近年健康食として注目を集める「すんき」を使ったうどんやカレー、ブランド牛である木曽牛のカレーやコロッケなど、話題の食材を使用した人気メニューも。4月~12月は無休営業なのもうれしい。

  • 住所木曽郡木曽町日義4730-3
  • 開催時間8:30~17:30(冬期は9:00~17:00)
  • アクセスJR原の駅から徒歩2分、中央道伊那ICから約30分または塩尻ICから車で約45分
  • お問合せ道の駅 日義木曽駒高原「ささりんどう館」 TEL:0264-23-3644
    http://www.michinoeki-kisokoma.jp/

花の絶景ポイント

上松町の寝覚の床の桜

巨大な奇岩が連なる「寝覚の床」は、木曽八景のひとつに数えられる景勝地。花崗岩特有の割れ方が不思議な造形をもたらし、竜宮城から帰ってきた浦島太郎が目覚めたとされる浦島太郎伝説も残っています。周囲は公園として整備されていて、4月上旬~中旬には桜が咲き誇ります。

LINEで送る