HOME > 特集 > 信州の春の山旅 > 美ヶ原高原でトレッキング

美ヶ原高原でトレッキング

日本アルプスエリア/松本市美ヶ原・山形村

松本駅を降りて東側正面に見えるひときわ高い山が、標高2,000mに広がる美ヶ原高原です。国内でも有数の高さにある高原で、冬期に通行止だったドライブルート「ビーナスライン」が4月下旬に開通すると、観光シーズンが本格化(2017年は4月22日より通行可の予定)。

高原地帯は面積600ヘクタールの平坦な台地状になっていて、松本市、上田市、長和町にまたがっており、北アルプスや浅間山、南アルプス連峰、富士山も見渡せる360度のパノラマが広がります。美ヶ原自然保護センターを中心にバラエティ豊かなトッレッキングコースも整備されており、天候や体力によって自由にコースを組むことが可能。一般的なスニーカーでも歩きやすいコースですが、高地なので夕立(落雷)やガス等が発生する場合があります。雨具(傘は不可)は必ずご用意を。

詳細

美ヶ原高原でトレッキング

  • 住所松本市美ヶ原高原
  • 開催時間2017年4月22日(土)~
  • 料金無料
  • アクセスJR松本駅からバスで約1時間40分、長野道松本ICから車で約1時間15分
    ※6/17(土)〜9/30(土)の土・日・祝日および7/18(火)〜9/1(金)の毎日は松本駅から美ヶ原自然保護センターまで1日2往復の直通バスあり。所要1時間15分、大人1,000円、子ども500円。美ケ原高原美術館行きの直行バスも運行予定
  • お問合せ松本市役所観光温泉課 TEL:0263-34-8307(代表)
    ※松本駅から美ヶ原自然保護センターの直通バスの問合せは松本市役所観光温泉課 TEL:0263-34-3000、美ケ原高原美術館行きの直行バスの問合せはアルピコ交通 TEL:0263-32-0910
    http://www.utsukushi2034.jp/

お立ち寄りスポット

山形村のやまっちそば

山形村特産の長芋とそばを組み合わせたご当地そば。長芋をとろろのようにすりおろすのではなく、麺状に切ってそばの上にのせたもので、つるっとしたのど越しとシャキッとした絶妙な食感が楽しめます。山形村は「唐沢そば集落」をはじめとするそば処としてそば通の間では知られており、地元産の素材にこだわったおいしい手打ちそばを提供する店が村内に20軒ほど点在しています。「やまっちそば」はそのうち10店舗で食べることができます。

  • 住所東筑摩郡山形村
  • 開催時間店舗により異なる
  • 料金店舗により異なる
  • アクセス松本駅からバスで約30分、長野道松本ICまたは塩尻ICから車で約20分
  • お問合せ山形村観光協会 TEL:0263-31-6220
    http://www.ya-ma-kan.com/soba.html

花の絶景ポイント

美ヶ原高原のレンゲツツジ

レンゲツツジ の群落地としても知られる美ヶ原高原。数千株が植えられており、赤いじゅうたんのように点在しながら咲き誇ります。特に見事なのは松本側で、自然保護センター周辺から武石山の間に密集。北アルプスを背景に咲く姿は感動する美しさで、レンゲツツジの間に牛が草を食べているのも美ヶ原高原ならではの風景です。

  • 住所松本市入山辺
  • 開催時間6月下旬~7月上旬
  • 料金無料
  • アクセスJR松本駅からタクシーで約1時間、長野道松本ICから車で約1時間15分 
  • お問合せ松本市役所観光温泉課 TEL:0263-34-8307(代表)
    http://www.utsukushi2034.jp/
LINEで送る