HOME > 特集 > 信州の春の山旅 > 駒ヶ岳ロープウェイ

駒ヶ岳ロープウェイ

伊那路エリア/駒ヶ根市・伊那市・宮田村

中央アルプス宝剣岳(標高2,931m)直下の「千畳敷カール(2,612m)」まで架けられた山岳ロープウェイ。カールとは今から約2万年前に、氷河のゆったりとした流れにより浸食されて形成された半円形の窪地で、「千畳敷カール」は畳を1,000枚敷いた広さがあることから名づけられました。天気のよい日は、富士山や南アルプス連峰を一望できます。

春のロープウェイは、日本最大級の連瀑「中御所38滝」を流れる雪解け水などを眺めることもできます。また、日本有数の春スキーエリアとしても有名で、4月中旬頃~5月下旬頃には雄大なカールでのスキーやスノーボードを楽しめます。ヨーロッパのアルプスを感じさせる険しい岩肌と、周りの雑音を全て吸収する白銀の世界。カール全面がバックカントリーの滑走エリアです。カール一部にはコンクリートの基礎や杭などが必要ないため景観を損ねず自然環境にもやさしい「Tバーリフト」もあり、大自然を存分に堪能できます。

なお、登山用具を装備して、約1時間のハイクアップで稜線まで到達することも可能です。

  • 長さ約250m、最大傾斜25度、平均斜度15度のカール内のコース。5月末まで雪が残り、雪渓の上でダイナミックなウインタースポーツが楽しめます。
  • 稜線からの滑走は中上級者向きの滑走距離800m・最大斜度30度のコース。800mをハイクアップする必要があります。
  • ロープウェイの到着駅は「ホテル千畳敷」と併設しているので、泊まりがけでのお出かけもおすすめです。夜は満点の星空を堪能。
  • 朝焼けも素晴らしい千畳敷カール。下界では絶対に見ることができない雲海も見られます。
  • 山麓の駒ヶ池からは、山桜や新緑も楽しめます。
  • 千畳敷カールは四季を通して楽しめる絶景スポット。雪が溶けるとカールの白い岩肌が現れ、春とはまた違った光景を見せてくれます。

ツアー詳細

駒ヶ岳ロープウェイ

  • 住所駒ヶ根市赤穂759-489
  • 開催時間7:00~17:00(季節により運行時間の変更あり)
  • 料金ロープウェイ往復大人2,260円、子ども1,130円、バス片道820円
  • アクセスJR駒ヶ根駅からバス45分、中央道駒ヶ根ICから車で約3分の「菅の台バスセンター」からバス30分
  • お問合せ中央アルプス観光 TEL:0265-83-3107
    https://www.chuo-alps.com/

お立ち寄りスポット

伊那の馬肉料理

信州で馬肉を食べる習慣は伊那がはじまりとされており、代表的なものは「馬刺」と「おたぐり」。「馬刺」はおろししょうがと醤油で食べる刺身で、とろりとした食感は忘れられないおいしさです。「おたぐり」は馬のモツを味噌でじっくりと煮込んだ郷土料理。酒のつまみとして市内の多くの居酒屋で提供しています。
なお「おたぐり」の名は、一説によると長い腸の中身を絞り出すためにたぐりよせる動作が由来といわれています。こうした名称からも、伊那谷に古くから根付く馬肉文化を感じることができます。

  • 住所伊那市全域
  • 開催時間店舗によって異なる
  • 料金店舗によって異なる
  • アクセス市街地へはJR伊那市駅または伊那北駅からすぐ、中央道伊那ICから車で約10分
  • お問合せ(一社)伊那市観光協会 TEL:0265-78-4111(代)
    http://inashi-kankoukyoukai.jp/contents/

本坊酒造信州マルス蒸留所

鹿児島県に本社を置く本坊酒造が、1985年、理想のウイスキー蒸留所を求めて、中央アルプス駒ヶ岳山麓の緑深い森に囲まれた地に開設した蒸溜所。天然の清冽な水と冷涼な環境の中で希少なウイスキーが生み出されています。1992年にはウイスキー需要の低迷により蒸留を一時休止しましたが、2011年、19年ぶりに再開。2013年にはワールド・ウィスキー・アワードで世界最高賞を受賞しました。
蒸溜所は見学可能で、普段見ることのできないポットスティルや、ウイスキー製造プラント、原酒の貯蔵庫など、マルスウイスキーの歴史と魅力を感じることができます。また、蒸溜所内の売店では、ウイスキーの無料試飲や、マルスウイスキー、ワイン、梅酒、長野県特産のお土産品を販売しています。さらに、蒸溜所の一角には南信州ビール駒ケ岳醸造所があります。

  • 住所上伊那郡宮田村4752-31
  • 開催時間9:00~16:00(最終受付15:30)
  • 料金入場・工場見学ともに無料
  • アクセスJR駒ヶ根駅または宮田駅下車タクシーで約10分、中央高速自動車道駒ヶ根ICより約5分
  • お問合せマルス信州蒸溜所 TEL:0265-85-4633
    https://www.hombo.co.jp/company/kura/

花の絶景ポイント

高遠城址公園の桜

古くから「天下第一の桜」と称され、「桜の日本三大名所」にも数えられる県内屈指の花見スポット。春には園内に植えられた約1,500本もの固有種・タカトオコヒガンザクラの花が咲き誇り、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みがあるため、公園全体が鮮やかなピンク色に染まります。毎年4月1日から30日までは「高遠城址公園さくら祭り」を開催。早朝から入場でき、夜にはライトアップも行われ、全国から多くの観光客が訪れます。

  • 住所伊那市高遠町東高遠
  • 開催時間4月1日~30日8:00~17:00(最盛期は6:00~22:00 ※最終入園は21:30)
  • 料金無料(さくら祭り期間中は大人500円、子ども250円)
  • アクセスJR伊那市駅からバスで約25分の「高遠駅」から徒歩約15分、中央道伊那ICから車で約30分
  • お問合せ(一社)伊那市観光協会 TEL:0265-78-4111(代)
    http://inashi-kankoukyoukai.jp/contents/
LINEで送る