信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30
信州デスティネーションキャンペーン 2017.7.1-9.30

特集Special issue

酒蔵・ワイナリー巡り

美味しい日本酒造りに欠かせない「米」と「水」。美味しい米の生産地は、美味しい日本酒の生産地でもあり、信州には、豊かな自然に育まれた米と水を使い、銘酒を醸し続ける蔵元が約80もあります。
また、信州は日本で初めて欧州系ワイン専用品種の栽培に成功した地でもあり、今では日本有数のワイン産地としてその名を知られています。そんな、作り手の心意気と情熱にふれることができる一杯を求めて、酒蔵やワイナリーを訪ねてみませんか?

このページで紹介している酒蔵・ワイナリー
酒蔵・ワイナリーMAPはこちら
  • 諏訪五蔵めぐり
  • 佐久の地酒
  • アルプス搗精工場
  • EH酒造株式会社
  • 桔梗ヶ原ワインバレー
  • 千曲川ワインバレー循環バス
  • サンクゼール・ワイナリー
  • 山辺ワイナリー
  • スイス村ワイナリー
  • 安曇野ワイナリー
  • まし野ワイナリー

※名称をクリックすると詳細説明へ移動します

地図(PDF)のダウンロードはこちら

諏訪五蔵めぐり

徒歩6分圏内に酒蔵が5軒!飲んべえさんにとってはまさに“ごくら”く!

諏訪エリア/諏訪市

  • 諏訪五蔵めぐり
  • 諏訪五蔵めぐり
  • 諏訪五蔵めぐり
  • 諏訪五蔵めぐり

いつでもごくらく酒蔵めぐり

JR上諏訪駅からほど近い諏訪市の甲州街道(国道20号)は、わずか500mの間に「舞姫」「麗人」「本金」「横笛」「真澄」の5軒の酒蔵が並ぶ全国でも珍しい通り。この「諏訪五蔵」は同じ霧ヶ峰の伏流水を仕込み水に使いながら、それぞれに特徴のある個性豊かな酒を醸しています。1年を通して開催している「いつでもごくらく酒蔵めぐり」は、五蔵共通のクーポン券を購入することで、それぞれの酒蔵の酒を飲み歩くことができるイベントです。


  • Information
  • 開催時間各蔵の営業時間に順ずる
  • お問合せ真澄蔵元 宮坂醸造
  • TEL0266-52-6161
  • アクセス中央道諏訪ICから車で約10分
  • URL諏訪五蔵

諏訪五蔵めぐりにチャレンジ!

佐久の地酒

個性豊かな日本酒を醸す11蔵がそろい踏み!迷うのもまた楽し!

東信州エリア/佐久市

  • 佐久の地酒
  • 佐久の地酒
  • 佐久の地酒

個性豊かな11の酒蔵が醸す自慢の日本酒に酔う

佐久市は、長野県内有数の良質米の産地。さらに冷涼な気候条件が「米」「水」「気候」の三拍子が揃った旨い酒を生み出します。市内には、伝統を守りながら個性的で特徴のある日本酒を醸す11の酒蔵があり、一般開放している蔵もあるので、見学をしたり飲み比べをしたりするのも楽しい。


アルプス搗精工場

最先端の技術を駆使!1,200俵収容の原料タンクは圧巻!

日本アルプスエリア/大町市

  • アルプス搗精工場
  • アルプス搗精工場
  • アルプス搗精工場
  • アルプス搗精工場

長野県内約70社の酒蔵が使用する酒造米を精米

日本酒の原料となる米を精米する工場としては日本最大規模。年ごと、品種ごとに異なる精米のパターンをコンピュータが制御する酒造用自動精米機を30台導入し、1,200俵収容の原料タンクも原料米用12基、白米用24基を完備するなど、最先端技術の設備を見ることができます。試飲、販売コーナーもあります。


  • Information
  • 住所大町市平1040-250
  • TEL0261-22-5251
  • 営業時間9:00~16:00
  • 定休日月曜日、10月~3月冬季休館(電話にて確認下さい)
  • 料金見学無料(試飲有料) ※事前予約 個人は不要、団体は5日前まで
  • アクセス長野道安曇野ICより車で約45分
  • URLhttp://www.nagano-sake.or.jp/kumi/

EH酒造株式会社

江戸時代末期より続く老舗酒蔵が新たな歴史を刻む

日本アルプスエリア/安曇野市

  • EH酒造株式会社
  • EH酒造株式会社
  • EH酒造株式会社

よそでは味わえない、唯一無二の酒作りをめざす蔵

信州産の酒米「美山錦」「ひとごこち」と梓川の豊かな水、そして長野酵母を使い、あづみ野の澄んだ空や風のきらめきを感じる日本酒を醸造。北アルプスを背にして佇む瀟洒な建物の中には、酒造りの各工程を見学できるスペースやテイスティング・コーナーが設けられ、銘酒の数々を無料で試飲することができます。


桔梗ヶ原ワインバレー

明治30年(1897年)、県内初のワイン醸造が行われた歴史の地。

日本アルプスエリア/塩尻市

  • 桔梗ヶ原ワインバレー
  • 桔梗ヶ原ワインバレー
  • 桔梗ヶ原ワインバレー
  • 桔梗ヶ原ワインバレー

9社1校のワイナリーが点在する一大ワイン産地

桔梗ヶ原は、ブドウの生育に適した土壌を持ち、日照時間も長く、夏の昼夜の気温差が大きいなど、糖度を上げ、色付きを良くしたりするのに最適な気候条件が揃っています。また100年を超える歴史のなかで、ワイナリーと農家が連携しながら技術を磨き、高品質のワインを生み出しています。施設見学や試飲ができるワイナリーもあるので、その品質を確かめてみては?


  • Information
  • お問合せ塩尻市ブランド観光商工課
  • TEL0263-52-0786

千曲川ワインバレー循環バス

道に迷うこともないので、お目当てのワイナリーを効率よく巡れます!

東信州エリア/軽井沢町、小諸市、東御市、上田市

  • 千曲川ワインバレー
  • 千曲川ワインバレー
  • 千曲川ワインバレー
  • 千曲川ワインバレー

東信濃のワイナリーを巡る便利なバスが12月まで運行!

雨が少なく日照時間が長い東信濃は、欧州系のワイン用ぶどうの栽培に適しており、高品質なワインの生産地として注目されています。その東信州のワイナリーとテイスティングカフェなどをめぐる循環バスが、この秋運行。バスに乗るだけでなく、軽井沢、小諸、田中、上田の各駅を結んでいるので、電車とバスを利用すれば、いつもは運転担当という方も心ゆくまでワインの試飲が楽しめます。

全部のワイナリーを一日で回りたい方はこんな工程がおすすめ!
軽井沢駅(9:05発)→マンズワイン(9:55着・11:15発)→ヴィラデスト(12:10着・14:30発)→リュードヴァン(15:00着・16:00発)→軽井沢駅(17:13着)
バスの運行スケジュールはこちら

ワイナリー巡りの周辺には千曲川ワインバレーのワインが購入でき、ビストロとしても楽しめる東御ワインチャペルや東御市産の巨峰を使ったピンク色の発泡ワインを作っているドメーヌナカジマなどもあり、千曲川ワインバレーを余すことなく楽しめます。


  • Information
  • 運行日9月17日〜12月18日までの土・日・祝日運行
  • バス乗場軽井沢駅、小諸駅、田中駅、上田駅/午前・午後各4便
  • 協力金お一人様1,000円(乗車時にお支払い)/区間内乗降自由、1日有効
  • お問合せ千曲バス株式会社
  • TEL本社:0267-62-0081(代) 小諸営業所:0267-22-2100
  • URLhttp://tomikan.jp/

サンクゼール・ワイナリー

ここはフランス!?田園風景を一望する丘の上のワイナリー

北信濃エリア/長野市

  • サンクゼールワイナリー
  • サンクゼールワイナリー
  • サンクゼールワイナリー

ワインへの理解が深まるツアー&ぶどう畑にもご案内

斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯綱の北信五岳に囲まれた標高650 メートルの丘陵地帯に位置し、丘の上の見晴らしのよいところにワイン用ぶどう畑、ワイナリー、ジャム工房、レストラン、チャペルがあります。サンクゼール・ヴィンヤード&ワイナリーでは、ワインへの理解が深まるさまざまなツアーを開催しているので、ぜひご参加を。

ワイナリーツアー
ワイン醸造所の見学と、隣接のワイン用ぶどう畑を見学
(通年)1日3回 15分/料金:無料

トワイライト ヴィンヤードツアー
夕暮れ時の畑でブドウ栽培にふれ、ワイナリーにてワイン醸造の説明。ヴィンテージワイン等を含むワインの試飲。
(通年)月・土・日 60分/料金:2,000円、14日前までに予約


山辺ワイナリー

日本ワインコンクールで4点受賞の実績を持つ実力派ワイナリー

日本アルプスエリア/松本市

  • 山辺ワイナリー
  • 山辺ワイナリー
  • 山辺ワイナリー
  • 山辺ワイナリー

松本平産ぶどう100%!フレッシュでフルーティーなワイン

バルクワイン(輸入ワイン)やマスト(濃縮果汁)は使用せず、創業以来、松本平産ぶどう100%でワインを造っています。また、酵素活性を抑え、フレッシュでフルーティーなワインに仕上げるために、ぶどうを低温庫で冷やしてから絞っています。ワイン製造の最終行程はホールから見ることができ、25種類ほどのワインを試飲できます。


スイス村ワイナリー

安曇野の豊かな自然の中で、生産者の顔が見えるワイン造りに取り組む

日本アルプスエリア/安曇野市

  • スイス村ワイナリー
  • スイス村ワイナリー
  • スイス村ワイナリー
  • スイス村ワイナリー

地元の風土で育ったブドウを使って地元で醸す

「ワインは農産物である」を軸足に置き、1本のボトルに込められた栽培者と醸造家の「熱い思い」を消費者に伝えることのできるワイン造りを行っています。ショップでは自社のすべての商品が購入でき、日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーがご相談に乗ってくれます。またショップへの通路からは窓越しにワインの仕込み室及び充填ラインを見ることができます。


安曇野ワイナリー

10分でワイン通!?畑や施設を巡るワイナリーツアーに参加しよう!

日本アルプスエリア/安曇野市

  • 安曇野ワイナリー
  • 安曇野ワイナリー
  • 安曇野ワイナリー

北アルプスの麓、安曇野の大地が醸す、極上の一滴

四季折々の表情をみせる雄大な自然の中で、ワイン造りに真摯に向き合うワイナリー。「安曇野のテロワールを存分に感じられるクリアなワイン」を目指し、健全なブドウを栽培し、丁寧に醸造しています。オーク樽が並ぶワインセラーは常時見学が可能で、ブドウ畑やワインセラーを巡るワイナリーツアーに参加すれば、スタッフがワイン造りについて詳しく案内してくれます。

※ツアーは状況により開催できない場合あります。前日までに予約確認をお願いいたします。
※常時4~5種類のワインが無料試飲できるカウンターと、蔵出しの限定ワインを始めとするワインが楽しめる有料試飲カウンターがあります。


  • Information
  • 住所安曇野市三郷小倉6687-5
  • TEL0263-77-7700
  • 営業時間9:00〜17:30(12月中旬〜3月中旬は〜16:00)
  • 定休日12月31日、1月1日
  • アクセス長野道松本ICから車で約20分
  • URLhttp://www.ch-azumino.com/

まし野ワイナリー

特産品のリンゴを使ったワインとシードルが人気!リンゴの新しい楽しみ方を発見!

伊那路エリア/松川町

  • まし野ワイナリー
  • まし野ワイナリー

くだものの里“まつかわ”のリンゴを使ったこだわりの味

果実の生産が盛んな松川町の農家が心を込めて作ったりんごを使い、各農園主こだわりのレシピで造られたオリジナルのりんごワインとシードル(発泡性)は、松川町の新しい特産品として人気上昇中!町内にある南信州で唯一のワイナリー「まし野ワイナリー」では、各種りんごワインはもちろん、葡萄のワインや個性的な山ブドウのワインも取り揃えています。また、季節限定で各農園のりんごワイン試飲やりんご園見学のツアーも開催しています。


特集 信州の“おいしい秋”を見つけよう!

LINEで送る