特集Special issue

諏訪五蔵めぐり 五蔵めぐりにチャレンジ!

JR上諏訪駅からほど近い諏訪市の甲州街道(国道20号)は、わずか500mの間に「舞姫」「麗人」「本金」「横笛」「真澄」の5軒の酒蔵が並ぶ全国でも珍しい通り。この「諏訪五蔵」は同じ霧ヶ峰の伏流水を仕込み水に使いながら、それぞれに特徴のある個性豊かな酒を醸しています。

1年を通して開催している「いつでもごくらく酒蔵めぐり」は、五蔵共通のクーポン券を購入することで、それぞれの酒蔵の酒を飲み歩くことができるイベントです。


  • 諏訪五蔵「いつでもごくらく酒蔵めぐり」
  • 開催時間各蔵の営業時間に準ずる
  • お問合せ0266-52-6161(真澄蔵元 宮坂醸造)
  • アクセス中央道諏訪ICから車で約10分
  • URLhttp://nomiaruki.com/
  • まずは「ごくらくセット(1,800円)」を購入しよう!

    まずは「ごくらくセット」をゲット

    「いつでもごくらく酒蔵めぐり」に参加するためには、グラスとクーポン、手さげ袋がセットになった「ごくらくセット(1,800円)」を購入します。どの蔵でも販売しています。

  • 蔵に入店したらクーポンにスタンプしてもらおう!

    各蔵でスタンプを押してもらいます

    スタートもどの蔵からでもOK。各蔵では入店してひと声かけると、まずクーポンにスタンプを押してもらえます。自分で押印するスタンプラリーはついつい忘れてしまいがちですが、このスタイルなら忘れることなくスタンプをゲットできるのでうれしい。全てのスタンプがそろったら、毎月5名に各蔵のお酒が1本ずつ当たるプレゼントに応募できます。

    クーポンはハガキになっていて、スタンプを5つ集めて応募すると各蔵のお酒が当たるかも!
  • 歩いてすぐの距離にあるから移動もラクラク!

    各蔵が近いから移動も楽々

    1つひとつの酒蔵は歩いてすぐの距離にあり、一番離れている「真澄」と「本金」の間でもわずか徒歩2~3分。移動が楽にできるのも、誰でも気軽に参加できるポイントです。

    なお、クーポン券には有効期限がないので、何日かに分けてめぐることも可能です。

各酒蔵の飲み歩きを紹介。まずは「真澄」から

  • 合間に和らぎ水をいただき、見本を使って精米具合の説明を受けながら、ゆっくり試飲が楽しめます

諏訪五蔵の中でも最も南に位置する、創業354年を誇る老舗酒蔵。代表銘酒「真澄」は数々の受賞歴を誇り、全国の酒蔵でもっとも使用されている「協会7号酵母」発祥蔵としても有名です。飲み歩きでは「協会7号酵母」を使った酒や季節の酒のほかに、梅酒や酒粕から造った「梅酢」など、6種類を楽しむことができます。併設のショップ「セラ真澄」ではセレクト食材や酒器の販売も。

  • 真澄蔵元 宮坂醸造
  • 住所諏訪市元町1-16
  • 電話0266-52-6161
  • 営業時間9:00~18:00
  • 定休無休
  • URLwww.masumi.co.jp

銘酒「横笛」を醸す「伊東酒造」

  • 種類豊富な酒を醸造する伊東酒造では、好みの味わいに応じた試飲を満喫

四季の情景に合ったさまざまな種類の酒を醸造している酒蔵。飲み歩きでは季節の酒を2~3種類味わった後、日本酒の好みを伝えることで、それに応じた酒を案内してもらえます。取材時は「辛口」という好みに対して、本醸造超辛口の「〆(けじめ)」や吟醸酒の「横笛 古道」といった人気の定番商品が提供されました。

  • 伊東酒造
  • 住所諏訪市諏訪2-3-6
  • 電話0266-52-0108
  • 営業時間8:30~17:00(土・日・祝は10:00~)
  • 定休無休
  • URLwww.yokobue.co.jp

伊東酒造向かいの「酒ぬのや本金酒造」

  • 「酒粕サブレ」や「日本酒ショコラ」といった創作菓子も人気の酒造です

甲州街道を挟んで伊東酒造の向かいに建ち、創業260年を迎える家族中心の小さな造り酒屋。「人との縁をつなぎ、笑顔を生む酒造り」をテーマとし、醸造量は多くないものの透明感があって主張しすぎない味わいの酒を醸しています。飲み歩きでは、温かい雰囲気のご主人の説明のもと、精米歩合や使用米が異なる代表銘柄「本金」の3種類を楽しめます。

  • 酒ぬのや本金酒造
  • 住所諏訪市諏訪2-8-21
  • 電話0266-58-0161
  • 営業時間9:00~17:00(土曜は10:00~)
  • 定休日曜
  • URLwww.honkin.net

伏流水を自社井戸で汲む「麗人酒造」

  • 限定大吟醸酒以外は自分で注ぐセルフスタイル。井戸の伏流水はやわらかい味わいです

霧ヶ峰の伏流水を自社井戸で汲み、仕込みのほか、瓶の洗浄にも使用。飲み歩きでは冷蔵庫に揃う試飲用の酒をセルフサービスで楽しめるほか、特別に限定大吟醸酒も味わえます。取材時は酒造好適米・山田錦を39%まで磨き上げて一滴一滴袋吊りで丁寧に搾った「純米大吟醸 夢雫」が提供されました。さらに飲み歩き参加者は店内の商品の買い物も5%OFFに。なお、プラス100円で地ビール「諏訪浪漫」も楽しめ、蔵の入口にある自社井戸の伏流水は自由に飲むことができます。

  • 麗人酒造
  • 住所諏訪市諏訪2-9-21
  • 電話0266-52-3121
  • 営業時間9:00~18:00(日曜、祝日は~16:00)
  • 定休無休
  • URLwww.reijin.com

JR上諏訪駅に最も近い「舞姫酒造」

  • 自社酵母を使った「翠路」は、雄町や美山錦といった酒米で味や香りが異なる限定酒を醸造

大正天皇即位の大典で銘酒「桜楓正宗」が献上された名誉を記念して「舞姫」に改名した酒蔵。伝統を守りつつ、酒造好適米にこだわる新しい酒造りを実践しています。代表銘柄は「信州舞姫」と「翠露」で、飲み歩きでは季節の酒や定番商品のほかに梅酒も提供。さらに特別に、酒造好適米・山田錦を39%まで磨き上げた「純米大吟醸 翠露 無濾過原酒」の生酒も味わえます。

  • 舞姫酒造
  • 住所諏訪市諏訪2-9-25
  • 電話0266-52-0078
  • 営業時間9:00~17:00(土・日曜、祝日は~17:30)
  • 定休無休
  • URLwww.maihime.co.jp

10月1日は「秋の呑みあるき」イベントも

諏訪五蔵では、毎年10月と3月に「上諏訪街道呑みあるき」というイベントが開催され、。2016年の秋の開催は10月1日(土)。チケットは限定2,500枚で「いつでもごくらく酒蔵めぐり」とは異なる美酒を堪能できます。ただいまイープラスで前売券(2,200円)発売中(当日券は3,000円で限定800枚)。なお、この日は「いつでもごくらく酒蔵めぐり」のクーポン券は使用できません。


  • 諏訪五蔵「いつでもごくらく酒蔵めぐり」
  • 開催時間各蔵の営業時間に準ずる
  • お問合せ0266-52-6161(真澄蔵元 宮坂醸造)
  • アクセス中央道諏訪ICから車で約10分
  • URLhttp://nomiaruki.com/

まだまだあります!秋の信州、酒蔵・ワイナリーのイベント

特集 信州の“おいしい秋”を見つけよう!

LINEで送る