HOME > 施設・観光地 > 日本アルプスエリア > 国宝 松本城

施設・観光地

歴史文化

国宝 松本城

日本アルプスエリア/松本市

現存する五重六階の天守の中では日本最古の国宝の城。漆黒の天守は、文禄(1593~94)年間に石川数正・康長親子によって建てられたもので、勇壮な天守と泰平の世になって造られた辰巳附櫓・月見櫓がつながった特徴的な「連結複合式天守」の構造を持ちます。華美な装飾がなく無骨な雰囲気なのは、戦国末期の動乱の世に築城されたから。現在は埋め立てられてしまった部分もありますが、かつては防御のため、本丸のまわりに三重の堀が張り巡らされていました。
  • Information
  • 住所松本市丸の内4-1
  • TEL0263-32-2902
  • 営業時間8:30~17:00(入城は~16:30)※時期により変動あり
  • 定休日年末年始(12月29日〜31日)
  • 料金大人610円、小・中学生300円(隣接の松本市立博物館との共通券)
  • アクセス長野道松本ICからクルマで約15分、JR松本駅から徒歩約15分
  • URLhttp://www.matsumoto-castle.jp/

Map

※ここに掲載している情報は2016年07月01日現在のものです。最新の情報については、掲載施設・店舗にご確認ください。

信州DC おすすめコンテンツ

LINEで送る