特集Special issue

“山&森”のサマーアクティビティ
高原散策

氷河が作り出した地形、千畳敷カール

伊那路エリア/駒ケ根市

  • 氷河が作り出した地形、千畳敷カール

2万年前に氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形をカールといい、ロープウェイを降りてすぐ目の前に広がる千畳敷カールは高山植物の宝庫としても知られる。名前の由来は畳を1000枚広げたほどの広さがあることから。 千畳敷カール内には周遊約40分の遊歩道があり、夏には可憐な高山植物が咲き競う様を楽しめる。 例年6月下旬〜7月、剣ヶ池付近では日本一遅く咲く桜「タカネザクラ」を見ることができる。

Map

※ここに掲載している情報は2017年06月05日現在のものです。最新の情報については、掲載施設・店舗にご確認ください。

まだまだあります!伊那路エリアで楽しめるアクティビティ

特集 家族で過ごす夏休み!信州の山で感動体験を

LINEで送る